こんにちは、マモルです。

勝手にシリーズ化しておりますが(笑)、アメリカ報告、その2です。

NLPトレーナーコース」には、世界各国から受講者が集まっています。そこで懇親を深めるのも、また醍醐味の一つ。

とはいえ、私のように、冴えないしょぼくれた中年男の日本人は、自分から動かなければ、誰も相手にしてくれない。というわけで、最初の自己紹介のときに、一発かましてみました。

「マイ フェイバリット スキル イズ パームリーディング(私の特技は手相です)」

ほんのちょっとですが、どよめきあり。

すると、さっそく初日の午後の休み時間から、手を出してくる人が次々と。アメリカやヨーロッパでは、あまり手相占いがメジャーでないようで、けっこうみんな、興味津々。

(私)「あなたは、思慮深いけど、考えすぎるのがたまにキズ。たいしたことでもないのにいろいろ考えすぎて、決断が遅くなることが多いでしょう」

(某イタリア人)「ええ、なんでわかるんだい!手の平に書いてあるっていうのかい?びっくりだよ!」(外国映画の吹き替えっぽく読んでね)

こんなベタベタなやりとりを、何度もさせていただき、多くの方と懇親を深めさせていただきました。さすがに皆さん、リアクションが大きい(笑)。あ、もちろん、とても私の英語力では伝えきれないため、通訳の方の協力をいただいております。

中でも、フランス人女性のREDJIMIさん(読み方わからず)には、「ありがとう!元気をもらったわ!」と、すごく喜んでいただけました。思わず記念写真。

御礼に、パリから持ってきたという、クッキーをいただきました。えへへ。

そのほか、インドネシア・マレーシアからの皆さんは、みな、お金持ちの香りがぷんぷんする方ばかりでしたねぇ。

手相は、手のひらを見るだけのごく簡単な占いですが、それだけに、万国共通、ワールドワイド。尋ねられることは、日本人も外国人も同じですねぇ。将来のこと、結婚のこと、お金のこと・・・なかなか面白かったです。でもまあ、皆さん、世界各国からわざわざ「トレーナーコース」に来ているだけあって、将来の成功が約束されたような、素晴らしい線の持ち主ばかりでした。いつかまた会うことがあれば、そのときは、皆さんきっと、大成功して立派な人物になっておられることと思います。すごく楽しみです。

というわけで、NLPの勉強だけでなく、思いがけず手相鑑定の国際セッションもさせていただき、本当に貴重な学びの機会となりました。この経験、また今後に活かしていければと思います!

きょうも明るいほうへ マモル

★「個人セッション」、今月はお休みです。4月以降の日程は、決まり次第、ご報告させていただきます!