こんにちは、マモルです。

きょうで8月も終わりですね。

気がついたら、この8月は、「先祖解除セッション」でいただいたご感想を中心に、ずっと「ご先祖様」がらみのことばかり、取り上げておりました。明日からは9月になりますし、ちょっと話題を切り替えていこうと思います。

というわけで、きょうまでは、「ご先祖様」がらみの話です。

先日アップされた、けいこヴァールハイトさんのこちらの動画、もう皆さん、ご覧いただきましたでしょうか?

たぶんもう皆さんお目通し済みだと思うので、遠慮なく内容に踏み込んじゃいますが、この中に、「自分自身のとりくみで周波数を上げていこうとするのなら、まず“先祖供養”を徹底的に行っていきましょう」という話が出てきます。

要は、先祖供養を通じてご先祖様が力をつけていくと、現実を生きていく中でどんどんサポートが入ってきて、人間関係や収入形態がよくなっていく、このため、そういう部分から周波数が引き下げられる機会が少なくなくなっていき、結果として、周波数が上がっていく」という話です。

「衣食足りて礼節を知る」ではありませんが、やっぱり、まずきていくベースとなるお金や衣食住の部分でカツカツしていたりすると、どうしてもメンタル的には苦しくなりがち。あわせて、よくない人間関係の中にいると、どうしてもストレスが溜まっていき、やっぱりメンタル的には落ちていく、そして、周波数がどんどん引き下げられていく、というループにはまっていきかねません。

そういう状態から抜け出したいと思うとき、やっぱり、一番親身になって力を貸してくれるのは、血のつながった、姻戚関係でつながった、ご先祖様ですから。

とはいえ、ご先祖様の方に、実際に「力」がなければ、どうしようもありませんよね。

そもそも、力のあるご先祖様にサポートされていれば、まずそういう状態には、陥りませんしね。

ですから、現実をよくしようとするなら、闇雲にいろんな開運法とかに手を出したり、神仏にお願いしまくったりしていくよりも、順番としては、ご先祖様に力をつけていただく方が、まず先だったりします。

もちろん、もともとのご先祖様の状態が悪ければ悪いほど、かなり時間はかかるでしょうし、すぐに目に見える成果が出てくるとは限りません。

でも、とりくんだ分だけ、ご先祖様の状態は、確実によくなっていきますから。

それによって、自分の基礎、土台、ベースの状態が、確実にあがっていきますから。

だから、「先祖供養」は、その人に無理なくできる範囲の中で、「細く長く」が、大事なんです。

ちょっと遠回りに思えるかもしれませんが、一番確実な「開運法」なんだと思います。

というわけで、結論としては、やっぱり、『先祖供養』は、しっかりとりくんでいただけるといいですよ、というお話でした。

8月は「お盆」でしたが、9月は、「秋のお彼岸」もありますので、よかったら、ご先祖様に意識を向けてみて、そして感謝の思いを送ってあげてくださいね。

きょうも明るいほうへ  マモル