こんにちは、マモルです。

「6/24先祖解除セッション」、引き続き、お申し込み受付中です。こちらのブログをご確認いただき、よろしければこちらからどうぞ。

なお、お申し込みいただいた場合には、基本的に、その日のうちに返信差し上げておりますが、もし一日待っても何も返信がない場合は、私からの返信が、迷惑メール等に振り分けられていたり、勝手に削除されている可能性があります。2日待っても返信がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡いただければ幸いです。

そして、今さらというか、ようやくですが、前回の「4/24先祖解除セッション」で、どういうことをやっていたかのご報告をさせていただきます。

まず、先月の「F49+、浄化と大いなる前進の光セッション」とも共通しますが、メインテーマとなっていたのは、『行動と前進』でした。

怖くて、動けない。

不安で、動けない。

動き方がわからないので、動けない。

動こうとはしているが、いろいろ足枷があったり、邪魔が入ったりして、動けない。

自分では動いて前進しているつもりだけど、実はずっと同じところで足踏みし続けていて、まったく動けていない。そのことに気づいていない。

動けない、前に進めない理由にも、いろんなパターンがあります。

その理由を見つけ出し、解除・解放し、行動できる・前進できるエネルギー状態に変えていく、整えていく。

そういうことを中心に、とりくませていただきました。

では、その理由として一番大きかったのはどういうことかというと、「人から虐げられる、見下される、理不尽に扱われる、その状態が延々と続く」という『呪術』、そして、そのように生きさせられ死んでいったご先祖様達の、『無念の思い』でした。

実は、私自身、セッション前日から、左の側頭部、左首、左肩、左腰、左脚のあちこちが痛い、という感覚が続きまして。(いわゆる、「邪は左から」ですね)

どちらかというと、斬られたり、刺されたりしているような感じ。

たぶん、何も悪いことをしていないのに斬り捨てられたり、理不尽に殺されたり、ケガをさせられたり、ひどい目に遭わされたりしたご先祖様達の痛み、苦しみを、追体験させられていたのだろうと思います。

それが、「動いたり目立ったりしたら、きっと言いがかりをつけられて、ひどい目に遭わされる」という強い恐怖となり、ご先祖様の意識を通じて、肉体の中に、潜在意識の中に、流れ込んでくる。

だから、動けない。

そこを解除・解放していくために、強い恐怖を抱えたままの、浮かばれないご先祖様達の御霊を、救出して、上にあげていく。

そういうことを中心に、取り組ませていただきました。

このあたりは、私自身の実感でしかないのですが、これまでの「先祖解除セッション」は、どちらかというと、ある程度「準備」ができていて、「助けてほしい」「もう上がりたい」と思っている御霊を呼び出して、手を差し伸べて道を示してあげて、上に導いていく、というようなイメージでした。

ですが、「4/24先祖解除セッション」では。

かなり深いところ、次元のはざまに囚われて、まったく力が入らず、何も考えられなくなって動けなくなっているご先祖様や、そこに縛り付けられるような形で、動けなくなっていたりしているご先祖様の御霊を、こちらから探って見つけ出して手を伸ばし、無理やりにでも引っ張り上げて救出し、それから道を示して上に導いていく、というイメージに変わりました。

これまでは力が及んでいなかったエリアに、手を伸ばせるようになったということで、私自身、「ああ、できることが、また一段階あがったな」と思いましたね。

そして、あわせて、このときは、ご先祖様がやらかしたこと、しでかしたことにより、子孫に回されているツケや、受け継がれている「契約」等の解消についても、できるかぎり、手をかけさせていただきました。

こうしたとりくみによって、お受けいただいた皆様に起こったことは、「行動・前進ができるようになっていくエネルギー状態への調整・変化」

実際、このときは、お受けいただいた方、そうでない方も含め、私とエネルギー的につながっている方々から、「水回りトラブル」の報告が、相次ぎました。(※ブログのカテゴリ「先祖供養」から、今年4月下旬の頃の記事をお目通しいただくと、いろいろご紹介しています)

何でそうなったかというと、水は、「感情の媒介」であるとともに、もっと突き詰めて言えば、「エネルギーの媒介」だから。

水回りがおかしくなっている、詰まっている、洩れている、というような現象は、すなわち、エネルギーの流れがおかしくなっている、詰まっている、洩れている、ということ。

そこが現実の出来事として現れてきて、修理・改善するということは、そのままイコールで、「エネルギー状態の改善」に、つながっていたのですね。

この後、GW前後にかけて、2回にわたって、アフターフォローの「F49+、浄化と変化変容の光」をお送りさせていただきまして。

実際、お受けいただいた皆様からのご感想・ご報告メールを読んでいくと、現実生活の中で、何かしらの「ちょっとした変化」「ちょっとした前進」「変化の兆しのような出来事」があった、という方が、けっこう多いようで、ほっとしました。

そして、今あらためて、このように振り返ってみると、実は、この「4/24先祖解除セッション」のテーマ『行動と前進』がベースになって、翌月5/25に行わせていただいた「F49+、浄化と大いなる前進の光のセッション」へと連動していったのだということが、ようやくわかってきました。

当然ながら、「5/25浄化・前進の光S」の流れは、今度の「6/24先祖解除セッション」にも、大いに連動していきます。

「スターラインズ・リユニオン(SLR)」を終えて、私ができることも、またさらに大きく深くなっていますし、今年前半の締めくくり、そして今年後半のスタートに向けて、非常に大きなエネルギーの調整、変化変容、そして、自分の目指すところ、求めるところへの行動と前進を促していく、非常にいい機会となるかと思います。

あさって20日(日)まで、お申し込みを受け付けておりますので、よかったら、ご検討いただければ幸いです。

きょうも明るいほうへ  マモル