こんにちは、マモルです。

「4/24(土)先祖解除セッション」明日24時まで、お申し込み受付中です。よかったらどうぞ。こちらのブログをご確認いただき、こちらからお申し込みくださいませ。

さて、クローズドで募集し、こっそり行わせていただいておりました「人の浄化」

一昨日をもって、一通りの終了、とさせていただきました。

来月上旬までには、きちんとした内容に固めて、正式に告知・募集等もしていければと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。

で、その終了御礼として、私の福岡での活動をベースとして支えていただいている「香椎宮」に、昨日、参拝させていただいたのですが。

拝殿に向かうと、ちょうど隣に、長々と熱心にお願いごとをされている、年配の男性がおられまして。

けっこう大きな声で、力強く、お願いごとをそのまんま口に出しておられるので、近くにいると、つい聞こえてきてしまう。

「〇〇のイベントが成功しますように!」

「〇〇人のお客さんが入りますように!」

「〇〇でいくらの売り上げが達成できますように!」

・・・こんな感じで。

イラストだと穏やかですけど、なかなか大変そうでした。

必死な気持ち、真剣な気持ち、かなり思いつめている様子はわかりますが、、、そばにいると、なかなかに、雰囲気が「重い」。

正直申しあげて、こんな風に「重い」と、なかなか「願い」も、叶いにくいんじゃないかなあ、と思います。

これまでの「土の時代」は、こういう力強さや重厚さ、「一念岩をも通す」みたいな強い信念も大事なところがありましたが、いまは、「風の時代」なので、何よりも、「軽さ」が大事です。

神様に「お願い」をするにしても、さらっとお願いして、後はもう、任せる。

その上で、リラックスして、自分にできる最善をつくして、結果はもう、委ねる。

その方が、いい方向につながりやすいかと思います。

このブログでは、何度も「明るく」「軽く」と申し上げておりますが、その方が現実的にも、いろいろ行動できますしね。

何より、「思い」は、「重い」んです。

「強い思い」ほど、「すごく重い」んです。

それは、実は、「足かせ」「オモリ」にしかなりません。

「思い」を手放し、それがなくなって空っぽになったところに、いいエネルギーが入っていくと、自然といい行動ができるようになってきて、おおもとの「願いごと」も、叶いやすくなっていきます。

強い信念や力強さを全否定はしませんが、このブログをお読みの皆様は、よかったら、日常の中で、ちょっと意識しておいてくださいね。

そして、「先祖解除セッション」は、極論すれば、ご供養を通じて、「先祖から受けている、強くて重い念の影響」を解除するもの、だと思っていただいてもいいかと思います。

ご先祖様に軽くなっていただければ、子孫の皆様も、軽くなる。

そうすると、子孫の皆様は、格段に「生きやすく」なる。

すると、「こうなったらいいのにな」と思っていることも、叶いやすくなる。

先祖供養を通じて、そういう状態を創っていきますので。

まだ枠は空いておりますので、よかったらご検討くださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル