こんにちは、マモルです。

「4/24(土)先祖解除セッション」、ただいまお申し込み受付中です。よろしければご検討くださいませ。昨日のブログの内容をご確認の上、こちらからどうぞ。

そして、もはや3か月前の話ということで、ものすごく今さらなんですが、一応、前回の「1/22先祖解除セッション」の内容について、ご報告です。

正直、この当時とは、私の状態もまったく違っていますし、「4/24」では、かなり大きく異なったことをやることになると思うので、あまり参考にならないかとは思いますが、一応、記録として残す意味も兼ねて、まとめさせていただきますね。

簡単にご報告申し上げますと、全体的なテーマとしては、「古びた教えによる縛りから解き放たれる」⇒「気楽になり、大らかになる」⇒「自由になり前進する」ということでした。

では、その「古びた教え」とは何か。

それは、簡単にまとめれば、『自分ではなく、全体を大事にする』『主君・国を大事にする』ということであって、さらにその裏側には、支配者による『一般大衆(支配される側)へのマインドコントロール』があります。

けいこヴァールハイトさんが言う、いわゆる「徳川家の呪術」みたいなものですね。

それはまあ、日本人全体に共通してかけられているものではありますが。

お申し込みの皆様におかれましては、さらにそこに、『過去世での失敗や過ちによる罪悪感、過去世で自分がかけたりかけられたりした呪術』が上乗せされ、さらに、『ご先祖様のやらかした失敗や過ち、何らかの理由でご先祖様が向けたり向けられたりした敵意・悪意・呪術等が、そのまま子孫に受け継がれる』という形で、複雑にからみあって、“より強固な教え・支配・しきたり・縛り”となって、現在の状況に、つながっている。

その「強固な古びた教え」を、先祖供養・呪術解除により、すべて解放し、それによって、「大らか」になり、結果として、「自由」になる。

そういう流れを、つくり出させていただいたと思っています。

特にこのときは、事前からの「膿み出し」として、「左目」「身体の左側に関する体調不良」みたいなご報告を、たくさんいただいたのですが(こちらのブログ参照)、前にもお伝えした通り、身体の左側に出てくるのは、「邪」=「見えない世界のよくない存在」の影響です。

今回はセッションに連動して出てきていますので、要は、そういう存在の切り離し・断ち切りが行われていて、それが「膿み出し」としてあらわれてきた、ということだったのでしょう。

実際、当日の朝、身請け神社として、まず「愛宕神社」をお参りした際、いつもお世話になっている勝軍地蔵菩薩様が、ふだんとは違う、「フルフェイスのごついヘルメット」「鉄仮面」を被ったような状態で、見えてきたのです。

そして、「本日は、“戦い”である」と仰ったのですね。

基本「先祖解除セッション」は、「先祖供養」「まだあがっていない御魂を上げる」がメインなのですが、どうやらこの日は、この「見えない世界のよくない存在」「お申し込みの皆様やご家系に悪い影響を与えている存在」との『戦い』の方が、大きなウェートを占めていたようでした。

あらためて思うと、「古びた教えからの解放」とは、違う角度からみれば、「よくない存在による支配からの解放」であり、それは「よくない存在と戦って倒し、関係を断ち切る」ということでもあるのでしょう。

そう考えると、事前からの「膿み出し」の激しさも、納得です。

実際、本番のセッション中は、私がやっている実作業としては、あくまで「お経や祝詞をあげてのご供養」なのですが、そのさらに向こう側で、勝軍地蔵菩薩様ほか、多くの神々様・仏尊様達が、そういう存在をやっつけている、懲らしめて回っている感じが伺えました。心強いような、ちょっと怖いような感じでもありましたね。

また、このときのセッションでは、いつもの神々・諸尊諸天の皆様の中でも、かなり、聖観世音菩薩様のお力をいただきました。

「聖観世音菩薩様」は、もちろん多くの災いや困難から守ってくれる仏様ですが、それと合わせて、「人生の華を咲かせてくれる」仏様です。

「聖観音世菩薩様」の仏像を見ればわかりますが、その手には、つぼみの状態で、少し開きかけの蓮の花を持っていらっしゃいます。

これは、「人の心の中にある、本来咲かせるべき華のつぼみ」であり、それを大事に育てて、華開かせるようにしてくださるのが、「聖観音世菩薩様」です。

これはつまり、ただご先祖様を成仏させる、供養することに力をお貸しいただいた、ということだけではなく、それぞれの人生の華が開いていくためのエネルギーも、同時にお送りいただいた、ということになります。

そういう意味では、お受けいただいた皆様は、その後、ご先祖様からの感謝も後押しもいただき、現実的にもきっと、大きな「人生の華」を咲かせていくことができるようになっていくのではないかと思います。

・・・と、こんな感じでしたね。

その後、アフターフォローとしての「F49+、浄化と変化変容の光」を2回送らせていただき、多くの方から、不思議な夢や現実の変化、感覚の変化など、いろいろとご感想・ご報告をいただきました。

ただ、ちょっともう3か月前のことで、お受けいただいた皆様も、その時点から、さらに大きな変容、大きな解除・解放を遂げておられまして、ちょっと今さら感がありますので、個々のご感想・ご報告等のご紹介は、今回は、割愛させていただこうかなと思います。

というわけで、あらためまして、「1/22先祖解除セッション」の、簡単なご報告でした。

次回の「4/24」では、だいぶやり方も変更することになると思いますが、よかったら、この報告もふまえて、「4/24」についても、ご検討いただければ幸いです。

引き続き、どうぞよろしくお願い致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル