こんにちは、マモルです。

さて、『祝詞無料遠隔(1/8)』や、『F49+、光の大祓と浄化、そして祝福のセッション(12/30&1/3)』について、まだご紹介できていないご感想も多々あるのですが、いったん置いておきまして、次のセッションの募集・告知です。

私の次回の『先祖解除セッション』を、来週の金曜日、1月22日に行わせていただくことにしました。すごく急ですが、よかったら、お申し込みくださいませ。

昨年は、11月・12月と続けてやりましたし、今月はお休みしようかな、とも思っていたのですが、どうもやっぱり、1月中に、やっておかないといけないようです。(←というか、そういう風に、上からつつかれました)

というのも、何度かお伝えしておりますが、日本人の集合意識としては、本当の意味での一年の切り替わりは、「節分」にあります。

そして、今年は本当に、大きな変化の年になります。

それを前提に、12/30&1/3の『F49+』セッションも行わせていただいたわけですが、やはり「節分」を前に、さらに、ご先祖様の部分も含めた、大きな浄化ができるにこしたことはない、というか、このタイミングだからこそ必要だろう、ということで、今回、自分のスケジュールも勘案しつつ、急遽、取り組ませていただくことにしました。

コロナ禍もあり、この年末年始、帰省できずにお墓参りに行けなかった、という方も多いかと思います。そういう方も、よかったら、お墓参り代わりに、ご活用いただければ幸いです。

なお、私のいる東京は、「緊急事態宣言」下の状況ではありますが、基本的に、全部「私一人きり」での活動になりますので、開催そのものに、とくだん問題はないと考えております(去年の春もやりましたしね)

以下、概要です。

1月22日(金)、午後1時頃から、港区内の会場にて開催予定。

●先着順に、1月17日(日)24時まで受付。ただし、満席になった場合は、その時点で締切。

●お供物を供え、お経や祝詞をあげて、何らかの影響を与え続けているご先祖の御霊や、連なるコード(因縁)として影響を与えている御霊等を供養し、その影響を解除していきます。事前にテーマ設定等はしておりませんが、結果として、申し込みの皆さんに共通するようなブロックを、同時に解放していく感じになります。また、いわゆる「先祖由来の呪術」に関しても、その時点で、私の力量で手をかけられるものがあれば、あわせて解除・解放していきます。

音源メッセージ等はありません。ただ、終了後、私が見たり感じたりしたこと、全体的な印象等については、メールでご報告致します。個別に何かある場合は、別途お伝えします。

費用は3万円。銀行振込をお願いします。(※申し訳ありませんが、クレジットカードには対応できません)

・・・作法にのっとって、お経・祝詞等をあげているだけで、特にお送りする音源等もありませんので、身の周りで何らかのいろいろな変化が起きたり、何らかの明確な夢を見たりすれば、納得もできるでしょうが、もし特に何も起きず、何も感じられなかった場合は、お申し込みされた方の側からすれば、「本当にやってるの?ただ形だけ、祝詞やお経をあげているだけで、結果としても、何も解除にはつながってないんじゃないの?」という疑いの目を向けられても、仕方のないものではあります。

でも、それは通常の神社仏閣等にお願いして、お経等をあげてもらっている場合でも、同じと言えば同じ、ですよね。

それでもかまいません、という方だけ、お申し込みいただければ幸いです。

一応、これまでお受けいただいた皆様には、なんらかの効果をお感じいただいているようです。私の行う「先祖解除セッション」がどのようなものかについては、ブログのカテゴリ「先祖供養」から、過去記事をご参照いただければと思います。

また、先祖解除は、往々にして、一時的な膿み出し(災厄がおりる)のようなことが起こります。身体に強く出た場合は、病院に行ったり、仕事をお休みするハメになったり、感情に出た場合は、なぜか怒りや悲しみが沸き上がって出てきたり、家族を含めた周囲の方とトラブルになったりと、なかなか大変なことも多いです。自分だけでなく、家族に出ることもあります。そこはご承知おきください。

そして、「膿み出し」等の軽減や、「変化変容」および「浄化」の促進のため、開催翌日の23日(土)の夜に、『祝詞での浄化』を行います。状況によっては、開催前や、さらにその後にも、フォローとして、複数回、やらせていただくかもしれません。

さらに、開催後1週間から10日前後にかけて、全体の状況をふまえながら、少なくとも1回、『F49+、浄化と変化変容の光』を、お送りします。これも、状況次第では、2回目をお送りすることが、あるかもしれません。

・・・と、上記のことをふまえた上で、それでも受けてみたい、という方は、下記の手順でどうぞ。

●マモル堂の「お問い合わせフォーム」からお申し込みください。

●「メッセージ本文」のところに、「1/22先祖解除希望」と書いて、さらに下記の情報を記載して、お申し込みください。【必要な情報】お名前(読みがなも)/住所(読みがなも)/生年月日/父方の苗字、母方の苗字(読みがなも)

●遅くとも、お申し込みの翌日には、ご入金先等のご案内をまとめた返信メールをお送りさせていただきます。「info@mamorudo.com」のメールアドレスの受信設定をお願いします。もし2日すぎても返信がない場合は、私からのメールが「不達」になっている可能性がありますので、申し訳ありませんが、再度ご連絡いただけると、別メールアドレスから、再度ご連絡させていただきます。

●両親の離婚や養子縁組等で、家系が複雑な場合は、関係する家系の苗字を、わかる範囲でお書き添えください。(わからない場合は、無くてもかまいません)

●ご先祖や家系に関して、気になることや抱えている問題など、何か事前に伝えておきたい情報があれば、あわせてお書き添えください。私が状況を理解しておくことで、より供養が届きやすくなるもしれません。

・・・そして、よく質問されることですが、結婚してご主人の姓に変わっている女性が申し込まれる場合、基本的には、ご自身のもともとの父方・母方の名字を教えていただき、実家のご先祖を供養する、ということになります。婚家の先祖供養をしたい場合は、ご主人の名前でお申込みいただき、ご主人の父方・母方の苗字をお教えいただくことになります。その辺りを、十分おふまえの上で、お申し込みください。

一方、ご自身の実家の供養として申し込んだはずなのに、ご主人の方にも連動して影響が出ている、自分よりもご主人の変化の方が大きい、というご感想をいただくことも多々あります。どうやら、その方にとって必要な場合は、エネルギーが勝手に動いて、ご主人の方にも手をかけてしまっている、ということがあるようです。

その逆に、ご主人の名前で、婚家の供養を申し込んだのに、自分に膿み出しっぽいことが起きた、自分の変化が大きかった、というケースもあります。もちろん個々の事情によって異なりますが、そういうこともあるということで、ご承知おきください。

なお、お受けいただいての感想や報告は、匿名にて、ブログでご紹介させていただくこともありますので、あわせてお含みおきください。

なお、「呪術の解除・解放」に関しては、この「先祖解除セッション」の中で対応できるのは、あくまで、“ご先祖様がらみ”の、おそらく“かなり近しい時代”の、かつ“道具等を必要とせずに解ける範囲のもの”となります。そこは、ご承知おきいただければ幸いです。

そして、けいこヴァールハイトさんがとりくんでおられる『ワールド先祖解除セッション』と、私の「先祖解除セッション」の違いについて、簡単にまとめさせていただきます。

前にもお伝えしたことがありますが、私の場合は、7~9代ぐらい前までの比較的近しいご先祖様を中心に、けいこヴァールハイトさんの場合は、それこそ人類創成期ぐらいまで遡ってのセッションとなります。

言葉を換えて言えば、私の方が比較的浅いところ、けいこさんの方がより深いところをお掃除することになりますが、私の場合、浅いところをお掃除する分、現実的な反映も比較的早い、というのが、特徴と言えば特徴かと。

なお、けいこヴァールハイトさんの『W先祖解除』も、1/18に予定されておりますが、こちらをすでにお申し込み済の方で、今回の私の方を同時に受けていただいても、問題はございません。その場合、かなりの「相乗効果」も期待できますが、一方、「膿み出し」が、より大変になる可能性もあります。そこは、お含みおきくださいませ。

また、昨年11月以降、それまでとやり方を少し変えており、ご先祖様の供養だけにとどまらず、お申し込みの方それぞれの個人的な問題の“解除・解放”も、より深く手掛けられてきているかと思っております。

というわけで、次回、1月22日(金)開催の「先祖解除セッション」の告知でした。

急遽決めたため、募集期間が、「本日から4日間」と短くなっており、検討する時間があまりなくて申し訳ありませんが、よろしければ、どうぞお申し込みくださいませ!

きょうも明るいほうへ  マモル