こんにちは、マモルです。

「8/14先祖解除セッション」、昨日で満員御礼となり、受付を締め切らせていただきました。ありがとうございました。

そして、大変遅くなりましたが、前回の「6/27先祖解除セッション」のご報告です。

いつも「長い!」と不評のようですし、もう1か月前の話ですので、できるだけ簡単にしますね(笑)。

いつものように、当日朝まで、いろいろと、夢でメッセージを受け取りました。毎回のことで慣れているとはいえ、悪夢を見せ続けられるのは、なかなかハードでした。夢の内容は、割愛します。

そして、それをふまえて気づかされた「6/27先祖解除セッション」のテーマは、「ずっと囚われている、閉じ込められている、小さな狭い世界からの脱却・解放」でした。

いろんなパターンがあります。

例えば、本当は別の仕事に就きたかったけど、夢を諦めて、仕方なく家業を継いだ、とか。

様々な事情から、やりたくない仕事、やりたくない役割・役回りを、ずっと続けているとか。

いわゆる「身分違い」の恋に墜ちて、泣く泣く諦めた、とか、強引に別れさせられた、諦めた、とか。

こういうのは、今も昔も、あんまり変わらないですよね。

でも、今と比べれば、昔の方が、もっとずっと、自由はないですから。

江戸時代まで遡ると、身分制度もありましたし、基本的に、武士の子は武士に、農民の子は農民に、商人の子は商人になるしかありませんでした。その枠の中で、生きていくしかありませんでした。

そうした中で、苦しい思い、辛い思いを抱えたまま亡くなり、今もなおその苦しさ、辛さを訴え続けている先祖が多ければ、えてして、その子孫も、同じような傾向をたどりやすくなります。

実際、お申し込みの皆さんのそれぞれの事情を伺うと、夫婦関係、家族関係、様々な人間関係、世間の一般常識や窮屈なルールや価値観、地域の文化・風土等に翻弄される中で、なかなか自分の思うようにならない、自分のやりたいことができない、うまくいかない、というような思いを訴えられている方が、多かったです。

そしてたぶん、その窮屈なルールや価値観は、「先祖系の呪術」を、おおもととしているんだと思います。

ですので、このときのセッションでは、同じような苦しみを抱えて亡くなり、その「念」が子孫への悪影響となっているご先祖様を供養して成仏させるとともに、こうした先祖系の呪術の影響を解除・解放することで、お申し込みの皆様が、その枠の中から出られずに苦しんでいる「小さな世界」を破壊し、そこから恐れなく迷いなく、もっと大きな自由な世界に飛び出していけるようになっていく、ということを意識して、とりくませていただきました。

そういう意味では、軸足は、主に「呪術解除」の方に置いていた感じでしたね。

実際、供養を始めてからしばらくは、あまり動きがなかったのですが、呪術解除の作法に入ってから、一気に多くの御霊があがっていったように感じました。

そして、報告が前後しますが、セッションの前、身請け神社3社を回ったときには、それぞれ、下記のようなメッセージをいただいたり、ビジョンを見させられたりました。

●愛宕神社

勝軍地蔵菩薩様が、いつもの凛々しい勇壮な姿ではなく、かわいらしくデフォルメされたニコニコしたお地蔵様の姿で登場。

「とにかく笑顔が一番!嫌だ嫌だと思いつめたり、文句を言ったりしても、事態は悪くなる一方。笑って毎日を楽しく過ごしていれば、そのうちよくなるから!」

(画像はネットからお借りしました)

●赤坂日枝神社

最初、子ザルが出てきて、私の方をにらんで大きな声で吠えて威嚇。その後、走って逃げ出し、迎えに出てきた“尼さん”のような存在の胸に抱きつき、震えている。

「この子は、とにかく怖いのです。怖いから、威嚇したのです。

もし皆さんが、自分のいまの状況について、”なんでこうなるんだ”、”なんで自分がこんな目に遭わなければならないんだ”というような、やり場のない怒りを感じているとしたら、それは、実は、“そこから抜け出すことへの恐れ”から、きていることかもしれませんよ」

●白金氷川神社

ご祭神のスサノオ様が、最初は浮浪者のような汚い恰好で登場。

しかし、見ているうちに、徐々に、キンキラキンの神々しい姿に変わっていく。

「ひどい状態にいるからこそ、そこから上がって、よくなっていくことができるもの。下にいなければ、上にはいけないのだから。そう思うと、今の状態がひどくたって、別に悪くないだろう?」

境内では、能天気に、猫が寝てましたね(笑)

・・・3社で受け取った内容、一見バラバラのようですが、なんとなくつながっているような気もします。

これまでだと、セッションの進め方をサポートしてくれたり、全体的なテーマについてのヒントを教えてくれたりするんですが、今回は、ダイレクトに、お申し込みの皆さんへの励ましのメッセージを、伝えてくれたように思いました。

そして、セッション3日後と6日後、2回にわたって「F49+」からのアフターフォローの光を送らせていただき、一連の作業を一区切りとさせていただきました。

簡単ですが、これで、「6/27先祖解除セッション」の、ご報告とさせていただきます。

明日は、セッションを終えていただいたご感想を、ご紹介していきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル