こんにちは、マモルです。

私の「先祖解除セッション」来週金曜日、14日に行います。ちょうどお盆の中日、私もそうなんですが、この夏は帰省できずにお墓参りもままならない、という方がいらっしゃったら、いかがでしょうか。昨日のブログをご確認いただき、よろしければどうぞお申し込みくださいませ。

さて、前回の「6/27先祖解除セッション」でいただいたご感想等もご紹介していきたいのですが、その前に、あらためて、『先祖供養によって得られること』について、ちょっと私なりに、まとめたいと思います。

ひとつには、「まだ成仏していない先祖(幽霊状態の先祖)を成仏させる」ことで、その先祖が関わって、今生きている子孫の自分たちにも影響を与えている、様々な因縁・悪縁的なものを、解消させること。

もうひとつは、すでに成仏してあの世にいる先祖を、お供物やお経をあげて供養することで、力をつけてもらい、今生きている子孫への「守り」の力を、強くしてもらうこと。

先祖の「守り」とは、主に、仕事・お金・住まいなど、実際に生きていくための「生活全般」、いわゆる、「衣食住」です。

さらに、健康、結婚、子宝など、子孫が続いていくためのサポートもしてくれます。

なぜなら、先祖が子孫をサポートする目的は、ただひとつ、「子孫繁栄=自分の血が絶えずに受け継がれていき、栄えていくこと」だからです。

そういう意味で、先祖の「守り」が強いと、特に現実的・物質的な部分へのサポートが、入りやすいのです。ですから、けいこヴァールハイトさんが動画等でたびたび指摘しているように、『お金を増やすには、先祖供養』となるのですね。

もちろん、物質的なことだけではなく、例えば、何らかの事件・事故、災害等に巻き込まれそうになったときに、「虫のしらせ」みたいな感じで危機を伝えて、事前に回避させたりとか、いろいろ人生の選択を間違えて「悪い道」に進みそうになったときは、早めに“痛い目”に遭わせるなどして、軌道修正を図ったりもします。

ですから、先祖の「守り」が篤いと、その家、その子孫は栄えていくわけですね。

で、実はこれ、逆に言えば、古くから栄えている「家系」は、それだけ先祖供養を手厚くやってきたから、そうなっている、ということが多いです。

もっと言えば、自分の状況、家族や家系全体の状況が、あまりよくないなあ、と感じる方は、自分も含めて代々、先祖供養にあまり熱心ではなかった、ということもあるかもしれません。それにより、先祖の「守り」が弱い、ほとんどない、ということでもあるかもしれませんね。

要は、「先祖」は、血のつながりということも含めて、自分自身のベース、基礎部分です。

受験勉強でもスポーツでも、基礎が弱ければ、大きく伸びることはできませんよね。

逆に、基礎がしっかりしていれば、大してテクニックなどなくても、なんとかなるものです。

「先祖供養」は、そういう「基礎固め」のためにやるものだ、と思っていただけるといいかもしれません。

さて、ここからが、実は本題。

では、一般的な寺社仏閣でやっている「先祖供養」と、けいこヴァールハイトさんや私がやっているような「先祖解除セッション」は、何がどう違うのか?

「先祖」も、もとは生きていた人間ですから、いろいろ「性格」や「思い」や「考え」や「信念」があるわけです。

「わが家系、わが子孫であれば、こうあるべき」みたいなものを、持っているわけです。

幽霊状態ではなく、きちんと成仏している先祖だからといって、その「思い」が消えているわけではありません。

そうすると、子孫に、「私の子孫であれば、こうあるべき、こうしなさい」と、その「思い」をぶつけてくることがあるわけですね。

ひどい場合は、ろくに「守り」もせずに、「思い」だけをぶつけてくる先祖もいたります。そうすると、それは先祖から子孫への「束縛」になってしまいます。

そして、その束縛は、子孫が抱える「ブロック」になっていきます。

極端な例えをすると、先祖が「お金は苦労して得るべきもの。楽をしてはいけない。身を粉にして働くのが一番尊い」みたいな信念を持っていると、それが影響して、子孫の側も、本当はとても苦しいのに、他にやるべき今世の目的があるのに、「ただただ汗水垂らして働くだけ」の人生を、良かれと思って送ってしまうことにもなりかねません。

ですので、「先祖解除セッション」は、単なる「先祖供養」というだけではなく、そういう先祖の「思い」を和らげ、同時に、子孫が抱えてしまっている、そのブロックの「解除」についても、進めていく。

実は、そこが、メインだったりします。

そしてそれは、けいこヴァールハイトさんや私につながっている高次元のガイド存在や様々な神々・仏尊様によって、協力しながら進められていくので、多少の膿み出しはあるかもしれませんが、お申し込みの方にとって、安心安全な形で行われていく、ということになります。

もちろん、一般的な寺社仏閣での「先祖供養」も、そうした要素がないわけではありません。でも、それをメインにしているわけではないので、なかなか簡単にはいきませんし、かなり時間もかかります。

そういう意味で、「先祖解除セッション」をご利用いただくと、ただご先祖の状態がよくなり守りが篤くなっていくだけでなく、自分自身の状態も、先祖由来のブロックが外れて、よくなっていく。より自由になっていく、そういう効果が期待できると、思っていただければいいです。

もちろん、ご先祖様の状態、ご自身の状態も人それぞれに違いますし、1回受けただけで、すぐに見違えるような変化を感じる方もいらっしゃれば、複数回受けても、特に何も感じない、わからない、という方もいらっしゃるでしょう。

でも、やった分だけ、確実によくなっていくはずですから。

あくまで「私見」ではありますが、私としては、そういう思いをふまえて、「先祖解除セッション」に取り組ませていただいております。

今回は、お盆の中日ということもあり、よりご供養が届きやすいと思います。よかったら、お申し込みくださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル