こんにちは、マモルです。

昨日、マモル版「3/17先祖解除セッション」の募集を開始させていただきました。まだ枠はありますので、こちらのブログをご確認いただき、よろしければご検討くださいませ。今回から値上げをさせていただいたこともあってか、今回は、まだまだ枠にたっぷり余裕がございます(笑)

さて、その「3/17先祖解除セッション」ですが、今回は、またちょっと大きなテーマがありそうです。

先日、仲間内で、西日本の、ある大きな神社に、レンタカーでむかっていたときのこと(今回、神社のお名前は伏せます)。

その神社は、ちょっとした小山の麓の位置にありますが、普通に幹線道路沿いに進めば、問題なく着くところ。前にも2回参拝したこともあり、自分としても、とくだん迷うようなところではありません。

でもこの日は、なぜかカーナビの反応が鈍く、幹線道路に入る道筋を間違え、わざわざ山をぐるっと一周して、遠回りして向かうルートをとるハメになってしまったのです。

それでも、小山ですし、時間をロスしたとしても、ほんの数分のこと。まあいいか、という感じで、車を走らせます。

すると・・・山道の中に、突然、何かの学校か、立派な教育施設みたいな建物が見えてきました。

そこに掲げられていたのは、「〇〇教本部」の文字。

そう、遠回りして神社に向かうルートの途中には、とある宗教団体の本部があったのですね。

それを受けて、同乗していた、“私より見える・わかる人”が一言。

「あー、今度の3月のマモルさんの先祖解除セッションに申し込む人の中に、ここに関係がある人がいるんだね。その解除・解放のために、通らされたんだ。もう動いているんだね」

なるほど。そうでしたか・・・いや、参りました。ま、現象としては、車で本部の前の道路を通った、というだけのことなんですが。

この後、目的の神社に着いて参拝すると、ご祭神の姿が、剣や弓を持ち、「さあ、やるぞ」というような感じで、まるで戦闘態勢に入っているように感じました。

今回、別に「先祖解除セッション」のために参拝したわけではないのですが、エネルギーとしては、もう動き出しているんでしょうね。

というわけで、今回は、決してこの「〇〇教」に限ってのことではなくて、おそらく、『先祖がなんらかの宗教団体等に関わったことで、子孫までつながってしまっている因縁コードや呪術の解放』が、テーマのひとつになるんだろうと思っています。

まだ枠は(たっぷり・笑)ありますので、このテーマが自分に必要ではないかと思う方は、よかったらお申し込みくださいね。

では、明日からは、またあらためて、「2/18先祖解除セッション」にていただいたご感想、ご紹介していきます。

きょうも明るいほうへ  マモル