こんにちは、マモルです。

台風、大変な風雨で、各地で被害が出ていますね。被災した皆様には、お見舞い申し上げます。東京の私の周囲の地域は、特に何事もありませんでしたが、外にでてみると、木の枝やごみなど、いろいろ散乱しておりました。

首都圏の交通は、徐々に回復しつつありますが、まだ自宅の最寄り駅は動いてないので、じゃあ、もう今のうちに、一昨日の10/11「先祖解除セッション」の報告をしてしまおう!ということで、珍しく、早めの報告をさせていただきますね。

さて、私の「先祖解除セッション」の場合、この半年ぐらいは、募集を開始した日か、その翌日に見る夢で、そのときの全体的な共通テーマが判明していました。ちなみに前回9/11のセッションでは、「諦め癖」「逃げ癖」の解除・解放でしたね。

ところが、今回は、募集を開始しても、ちょっとよくわからない。

夢はいろいろたくさん見ているんですが、特別に強烈な印象の夢を見ることもなく、起きたらもう、ほとんど忘れてしまっている。思いだそうにも、思いだせない。そんな毎日が続いたんです。

そして、若干焦り始めた、セッション2日前。若干時間がとれたので、ヘミシンクをして、今回のテーマを探ろうとしてみました。

すると、見えてきたのは・・・そこそこ大きな川にかかる、木製の橋。

でも、その橋を渡ろうとすると、なぜ壁にぶち当たったような感じで、前に進んでいくことができません。よく見ると、橋の入り口手前に、パッと見ただけではわからない、透明な柵が設置してあったのです。つまり、橋を渡ることができないようになっていたのですね。

参ったな、さて、どうしようか・・・と思ったところで、はっと気がつきました。あ、これが今回のテーマだ、と。

つまり、前に進もうとしているけれど、目には見えない柵、壁、障害物みたいなものに突き当たって、跳ね返されて、そこからなかなか前に進めない。その柵や障害物は目に見えないので、自分では理由がまったくわからないまま、跳ね返され続ける。そのうち、どうせ自分はダメなんだと、自分を責めたり、落ち込んでしまう、自分の出自を恨んだり、怒りの気持ちを噴出させてしまったりする・・・そういう状況が、多かれ少なかれ、お申し込みの皆様にあるのではないかな、と。

一つの例えとして、女性の社会進出を阻む壁について、“ガラスの天井”という言葉がよく使われますが、そんなイメージに近いかな、と思いました。

じゃあ、今回は、この“見えない柵”を撤去して、橋を渡れるようにすればいいんだな、ということで、さっそくいろいろやってみます。イメージの中で重機を使って破壊しようとしたり、強い光をおろして、その中で浄化して消去しようとしてみたり。

ところが、これがなかなか、うまくいかない。働きかけをするたびに、すぐにきれいさっぱり無くなったように思えるのですが、いざ橋を渡ろうとすると、いつのまにか、また復活しているのです。そして、跳ね返される。

どうやら、ひとつ壊して撤去しても、またすぐに新しいのが、次から次に出てくる感じ。

あ、こりゃ、大元を断たないとダメなんだな・・・でもこれ、いつもの解除セッションのやり方で、ちゃんと対処できるんだろうか?と、若干不安に思い始めたところで、ヘミシンクCDの時間切れ。

そして、その後も何もできないまま、何の策も見つからないまま、セッション当日の朝を迎えてしまいました。

さて、どうしたものか。若干、いつもより眉間にシワが寄った状態で、まずは、身請け神社3社へのお詣りに向かいます。

ここから長くなりますので、次回に続きますね。

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も、随時受付中ですよ!