こんにちは、マモルです。

大変遅くなりましたが、6/27「先祖解除セッション」のご報告を、させていただきます。

実は、この6/27「先祖解除セッション」では、2つの共通テーマがありました。

まず、ブログで 募集告知をオープンにしたのが、10日前の6月17日でした。そして、その夜に、さっそく夢を見ました。ストーリー仕立てというより、いろいろなシーンが断片的に見えてきたような感じだったのですが、それは、下記のようなもの。

●道路を進んでいるが、気づくとその道路が、大きなルームランナーみたいになっていて、実は全然前に進んでいない。

●電車に乗って目的地に向かっている。そして、乗り換え駅で、次の電車に乗ろうとしたところ、ホームと乗降口の間の幅が離れており、乗車できない。飛びついて乗り込もうとするも、届かない。

●車で、下りカーブ道を、ずっと下っている。でも、いつまでたっても、目的地に着かない。ふと気がつくと、そのコースは、実はメビウスの輪のような楕円になっていて、ずっと同じ場所を、繰り返しぐるぐる回っていたことがわかる。

・・・目が覚めたとき、「あ、これが、今回のテーマだな」と思いました。つまり、「進んでいるつもりで全然進んでいない、同じところから抜け出せない、どこにも行けない、ずっと同じ場所に居続けている」、そんな御霊の解放。

実は、けいこヴァールハイトさんの各種解除セッションの音源を聴いたりすると、参加者の方に対する高次元存在からの指摘として、けっこうよく出てくるのが、「いつまであなたはその場所に居続けるんですか?」「あなたは、どんどん前進しているつもりかもしれないが、実は全然前に進んでいない」というフレーズ。私自身も、何度も言われました。というか、今でも言われ続けてます(笑)。

でもまあ、先祖からの影響としてそうなっているんであれば、そりゃなかなか、子孫も動けないよねぇ・・・というところ。

そして、「動けない」ケースには、「自分は動いているつもりなのに、まったく動けていない」パターンと、「自分自身がそこに居続けることは当たり前のことだと思っているので、動けない(動かない)」パターンの2つがあります。

前者は、たいていの場合、なんらかのネガティブな原因があって、その結果、先祖が“囚われた状態にある”ことが反映しているもの。

一方、後者は、先祖が武家とかで、「我が家系はこうであらねばならぬ。ここが一番だから、ここから出ていってはならぬ」みたいな号令をかけていて、知らず知らずのうちに、自分自身もその号令を当然のものとして受け入れ、結果的にずっと囚われたまま、縛られたままとなっているようなもの。先祖は先祖なりに、「よかれ」と思ってやっていることなのですが、子孫の側にとってみれば、もう時代錯誤で大きなお世話、だったりするパターンです。武家とは限らず、なんらかの強い信念を持っている先祖がいると、その信念に、強く影響を受けたりします。

どちらにしても、先祖自身が「囚われた状態」にあると、子孫の側も、何かずっと膠着した状態が続いてそこから抜け出せなかったり、毎日ものすごく窮屈な状態ですごしていたり、という形で影響を受けてしまう、ということですね。

そして、今回、ブログで告知してすぐにこうした夢を見たということで、「もしかして、これだけじゃないんじゃないかな・・・」と思っていたのですが、案の定、もうひとつありました。

セッション3日前の、24日の明け方に見た夢がこちら。

●ある島を訪れ、誰かに道案内をされている。気がつくと、ちょっとした山の中に、奇妙な姿のお稲荷さんが複数祀られている場所がある。お稲荷さんだけでなく、そのほかにも、僧侶や行者の像もある。それらの像に、順番に手を合わせて拝んでいく。

・・・目が覚めて思いました。「あ、これ、母方の因縁解除だ」と。

実は私、けいこヴァールハイトさんから、自分の先祖供養に関して、「母方の母方につながる先祖が、お稲荷信仰みたいなものをやっていて、その因縁が残っている。お稲荷さん自体が悪いわけではないが、自分自身も過去世で”行者”的なことをやっていると、その影響を強く引き受けやすい」という指摘を受けていたのです。ですので、自分自身に対する先祖解除は、ずっと、この”母方の母方の縁”を中心に、とりくんでいました。

それが、ようやく、終わった。

完全に終わってはいないかもしれないけれど、ほとんど影響を受けなくなった、ひとつの段階を迎えた、そう感じました。

そして、これが私の夢に出てきたということは、参加者の皆さんにも共通テーマとして関係しているということ。「宗教的・呪術的な因縁につながる影響の解除」・・・つまりは、『呪術解除』ですね。

おそらくは、6/9に行われた、けいこヴァールハイトさんの初めての「呪術解除セッション」の効果が、私には、こういう形で、現れてきたんでしょう。そして、自分の「先祖解除セッション」でも、もうある程度できるから、これをひとつの要素として加えてやりなさい、ということであろうと。そう理解しました。

そして、その後は、当日まで特にテーマ的な夢をみることはなく、いよいよ6/27本番を迎えることになったのです。

ちょっと長くなりましたので、この続きは明日。

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!