こんにちは、マモルです。

昨夜の震度6強の地震、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、いつもの日常が戻るよう、祈念致します。

そして、あらためまして、次回の私の「先祖解除セッション」は、6月27日(木)です。こちらのブログをご確認のうえ、よかったらお申し込みくださいませ!

それでは、昨日の続きです。

共通テーマが、「報われない思い」だということで、その解除・解放を意図して臨んだ5/13「先祖解除セッション」。まずはいつものように、身請け神社にお詣りします。

一番目の愛宕神社。いつもここの神様・仏尊様が、一番サポートしてくれるんですが、珍しく、何の手ごたえも、メッセージっぽいものがありません。

不思議に思いつつ、しばらく食い下がっていると・・・「今回は、赤坂日枝神社のご祭神がメインだから。さっさと行きなさい」とのこと。ちょっとびっくり。

そして、赤坂日枝神社へ。

ご挨拶して祝詞をあげますが、ここでも、どうもあまり反応がありません。引き続きしつこく食い下がっていると・・・どなたからなのかわかりませんが、「よく見るように」とのお言葉が。

「どういう意味ですか?」と聞き返してみましたが、その後は、何も出てきません。まあ、何か意味があるのだろうと、それ以上のやりとりは諦めました。

最後に、白金台サロンの氏神様にあたる白金氷川神社にお参り。ここは特に何もなし。

そして、お供物等を用意して、いよいよ本番。5月ということで、ちょっと時期はすぎておりますが、鯉のぼりもセットしてみました。

で、今回は相当重いだろうということで、浄化の炎の力を強くしようと、ろうそくを前回より多く用意します。

祝詞やお経を上げていくと・・・ろうそくの炎の燃え方が、いつにもまして勢いの激しいこと!写真ではよくわかりませんが、黒煙がバンバン上がっていきます。

そして、赤坂日枝神社でいただいた「よく見るように」というお言葉を思いだし、集まってきている御霊の様子に意識を向けていくと・・・見えてきたのは、コールタールのような粘り気のある真っ黒の液体の中に、半分溶けたような感じで倒れこんで動けなくなっている、無数の御霊たちの姿でした。それはまさに、地獄の底で蠢いているような感じでした。

でも、皆、根は善人なのです。なぜなら、「自分をこんなに遭わせた奴を許せない」と、他者を責めることはしていないから。

むしろ、「自分が悪いからこうなったんだ、自分がいけないんだ、だから、自分はこうなっていなきゃいけないんだ」と嘆き悲しみ、真っ黒な世界に自ら囚われて、動けなくなっている。そして、どうせここからは出られないんだ、自分はずっとこうなんだ、とうそぶき諦めながら、でもどこかで、助けを求めている。

もう、解放してあげないといけない。

「もう大丈夫ですよ。皆さんは、何も悪くはないんですよ。楽になっていいんですよ。あがっていいんですよ」

そう呼びかけながら、イメージの中で、御霊たちにまとわりついていた真っ黒でネバネバの液体を、炎の熱によって溶かし乾かし、虹の光のシャワーできれいに洗い流していきます。そして、御霊たちのいる空間を、明るい光で満たしていきます。

いつしか、きれいになった御霊たちは、神様・仏尊達に指し示してもらった道を、素直に上がっていきました。

ですが、とにかく、その数が、多いこと多いこと。そして、炎が勢いよく燃えるため、ろうそくの減りのスピードが、もう早いこと早いこと。

気が付くと、続々とろうそくが燃え尽きていき、結局、全ての読経を終えるまでに、新しいろうそく数本を、追加で灯すハメになりました。

終わってみたら、手元に用意してきたロウソクも線香も、全部使い切りました。これまでのセッションでは、まずなかったことです。でも、その分だけ、「しっかり上がっていっただろう」と、実感できるセッションになりました。それについては、自分でもよかったと思います。

そして、お申し込みの皆様に、ご報告をお送りして、一連の作業終了。

さて、受けていただいた皆様のご感想等はどうだったのか?については、また明日以降のブログで!

あ、6/22(土)名古屋「ガイドとのつながりを強化するWS」も、まだお申し込み受け付けておりますよ。お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ