こんにちは、マモルです。

今度の「宇宙エネルギー遠隔・無料一斉版」は、「平成」の最終日、4月30日(火)の夜11時からお送りします。こちらのブログの内容をご確認の上、こちらの応募フォームからお申込みくださいね!

さて、4/3「先祖解除セッション」のご報告、その4です。

身請け神社へのお詣りを終え、お供物の用意もして、いよいよ、本番の解除セッション、お供養会の開始です。

今回は、前回以上にロウソクを増やし、火の勢いを、より強くしました。

そして、お申込みの皆さまのお名前等を読み上げ、さらに、集まっている御霊や英霊、連なるコードとしての様々なエネルギー存在に、自由になって上に上がるよう呼びかけ、祝詞やお経をあげていきます。

でも、集まっている感じはするのですが、なかなか、気配がつかめません。全体に、数は多くても、個々の存在は、すごく薄く弱弱しい感じ。しばらくの間は、あまり手ごたえがありませんでした。

そうするうちに、だんだんと感じてきたのが、足元を、鎖でつながれているイメージ。

おそらくは、今回の対象となる御霊・英霊・エネルギー存在の大半は、実際に何らかの罪を犯して囚われている罪人、もしくは、自分で自分自身を罪人とみなし、自分で自分を牢に閉じ込め、鎖につながれた状態にしているような存在なのでしょう。だから、うなだれて、おとなしい。そして、誰にも愛されず孤独で、ただ寂しくて悲しい。

そうとわかったところで、普賢大菩薩様のお力をお借りします。

なぜなら、普賢大菩薩様のお力の一つには、「減罪」があるからです。普賢大菩薩様のお力を借りることで、御霊たちが抱えている「罪」の思いを減らし、軽くすることができます。

そして、その「慈悲」のお力で、もう償いは十分終えたのだから、自由になっていい、上に上がっていいと、優しく導いてもらいました。

でも、御霊たちは、なかなかあがっていけません。なぜなら、足に鎖があるから。つながれているから。

そこで取り出したのが、普賢大菩薩様からいただいた「斧」

大きく振りかざして、勢いよく、その鎖を断ち切るイメージをしました。

鎖は断ち切られると同時に、消えていきます。すると、それと同時に、多くの御霊たちが、上にあがっていく様子が感じられました。どうやら、なんとか送ることができたようです。

この後、さらに迷って残っている御霊やエネルギー存在を、いつものように勝軍地蔵菩薩様に導いていただき、その跡を、増やした火の力で浄化して、なんとか、お供養会を収めることができました。体力的にはいつもより大丈夫でしたが、ある意味、これまでの中で、一番神経を使ってとりくんだ会となりましたね。無事終えることができて、よかったです。

そして、お申込みいただいた皆様に、今回の解除セッションがどんな感じだったか、その概要を、メールでお知らせさせていただき、一連の流れを終了させていただきました。

すると、ある方からいただいた感想にびっくり・・・これについては、また次回に。

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!