こんにちは、マモルです。

まだクローズドで行っている「人の浄化」

浄化をしているときに、勝手にいろいろなヴィジョンが浮かんできたり、事前から何か見えてきたり、というようなことがあるとお伝えしておりますが、そのほかにも、歌が聴こえてきたり、匂いがしてきたり、いろいろなパターンがあります。

実は、先日のブログでご紹介した女性のときには、なぜか私の脳内で、ZARDの「♪揺れる想い」が流れておりました(笑)。全体的な歌詞そのものの意味合いとはちょっとズレますが、タイトルだけなら、そのものズバリ、という感じですね。

そして、仮にC子さんとしますが、この方の「浄化」の前には、「印」という文字が、浮かんできました。

なんだこりゃ、C子さん、インドにご縁でもあるのか?

と思いつつ、話を聞いてみると。

(C子さん)「これまでずっとお店をやってきたんですが、いろいろありまして、来月で店を閉めて、自己破産しようと思ってまして・・・」

なんと、それは大変。

このほかにも、息子さんの関係で、ちょっと重なるようなご事情もあったんですが、どうやら、この「印」の文字、『契約書・誓約書等の、何らかの大事な書類に捺印する』みたいな意味合いで、浮かんできたようです。

で、お話を聞いていると、いろいろこの先に不安があったり、いろんなことがうまく流れていないような感じがありましたので、そこを中心に「浄化」し、「調整」させていただきました。

いろんな「詰まり」を取り除き、流れをよくしました。

そして、最後に、聞いてみました。

(私)「今、どうですか、やっぱり、自己破産した方がいいと思いますか?」

(C子さん)「あ、いえ、、、そこまでしなくても、なんとかなるような気がしてきました」

(私)「そうですね、もちろん、借金が消えてなくなったりするわけではないでしょうけど、たぶんこれから、きちんと返済の道筋が整ったり、いろいろ問題が整理・集約されてきたりして、自己破産までしなくても、やっていけるメドが立つように思います」

(C子さん)「はい!」

・・・私は、経済的なことや法律的なことの専門家ではありませんし、具体的なアドバイスができるわけでは全くありません。そもそも、返済額がいくらなのかなど、詳しい事情は、まったく伺っていません。

でも、私には、C子さんは、まだまだ十分やっていける力があるのに、必要以上に委縮して、目の前の問題を、大きくとらえすぎて、自信を失って、「自己破産しかない」と、いろいろ諦めてしまっているような感じがしました。

で、そこを調整して、本来の「自信」を取り戻してもらったら、ご自身でも、「大丈夫、なんとかなる」と思えるようになった。

人生、「大丈夫!」と思っていれば、たいてい、なんとかなるものですから(笑)。

C子さん、ぜひ、自信を持って、しっかり前を向いて、進んでいっていただければと思います。

・・・と、こんな感じで、「浄化」を通じて、いろいろ興味深い展開になることも多いです。

この「浄化」の件、「受けてみたい」という声も少しずついただいておりますが、ちょっといまいろいろ最終調整をしておりますので、正式オープン・募集開始まで、もう少しお待ちくださいませね。

きょうも明るいほうへ  マモル