こんにちは、マモルです。

きょうから新年度、2019年度のスタートですね。昨日のブログでもお伝えしましたが、お昼前には、新元号も発表されて、そこから、日本全体の空気感が、いよいよ変わっていくことでしょう。さて、どうなっていくんでしょうねぇ。

そんな大きな節目の日ということで、何のネタを書こうか、ちょっと考えたのですが、たまには、マニアックなアニメネタを(笑)。

ご存知の方はご存知かと思いますが、昨年から、「宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち」というアニメがテレビ放送されておりました。映画として、劇場公開もされておりました。約40年前の映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」、テレビ版の「宇宙戦艦ヤマト2」の、現代リメイク版ですね。で、3月29日(金)の放送が、最終回でした。(※画像は、公式HPからお借りしました)

おおまかなストーリーは多くの方がご存知でしょうし、ご存じない方は公式サイトからご確認いただくとして、この最終回で、全地球人に向けた、とある演説シーンがあり、その一節が、私には、大きく響きました。

『ある男の話をさせてください。(中略)彼は、反乱覚悟で地球を飛び出した。宇宙の平和に貢献できる地球人でありたい、という願いに賭けて。(中略)しかし、その結果、彼は、自分の命まで、武器にしなければなりませんでした。

生きるため、責任を果たすために、自分で自分を裏切ることに慣れて、本当の自分を見失ってしまった。昨日の打算、きょうの妥協が、未来を、自分を踏みつぶしていくのを予感しながら、どこへ向かうとも知れない道を歩き続ける。

(彼は)この過酷な時代を生きる、無名の人間の一人、あなたや、私の、分身なのです』

どういうストーリー、どういうシチュエーションでこの演説につながっていくのかは、ネタバレになるのでさておくとして・・・「平成」が終わり、新しい時代が始まっていこうとするタイミングでのこの内容、なんだか、グッときませんか?

もう、“自分で自分を裏切ること”に、慣れてしまうのはやめましょう。打算や妥協が、自分を踏みつぶしていくのであれば、やめましょう。そこから、本当の、あなた自身の“未来”が始まります。

ま、番組本来の意図・趣旨とは、若干ずれたところで感動してしまっている部分もありますが(笑)、心揺り動かされる言葉だな、と思いましたので、ご紹介させていただきました。

ちなみに、この「宇宙戦艦ヤマト」の現代リメイク版シリーズ、さらに続編製作決定だそうそうで・・・いつから放送開始かわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います。

あ、それと、私の「先祖解除セッション」は、あさって水曜日、4月3日の予定です。一応、まだお申し込み大丈夫(残席3)ですので、こちらのブログの注意事項等をご一読いただき、よろしければお申し込みくださいね。

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!