こんにちは、マモルです。

またまた昨日のブログに引き続き、インナーチャイルドの話。

インナーチャイルドは「自分の本音」だとお伝えしてきましたが、インナーチャイルドは、「子供」ですから、その本音は、より本能的なものとなります。自分が大人の頭で考えている“本音”、“やりたいこと”とは、違っていることがあります。

例えば、ずっと仕事に明け暮れていて、大変疲れている人がいるとします。その人は、「仕事が終わったら、友達と飲みにいって、パーッと騒ぐぞ!」と考えているとします。その人は、それを原動力に、仕事に励んでいたりします。

でも、その人のインナーチャイルドは、「別に騒いだりしなくていいよ、もう寝ようよー、休もうよー」と、言ってたりします。子供ですから、疲れたら寝る。休む。それが当然のこと。

大人の意識は、「休む」ことよりも、「強い刺激によるストレス解消」の方を優先してしまったりすることがあるわけですね。

で、どちらがいいかというと・・・短期的には、飲んでパーッと騒ぐことも、ストレス解消になっていいかもしれません。でもそれが積み重なるとどうでしょう。刺激にもとづくストレス解消を繰り返していくことは、どんどん強い刺激を求めていくことにつながります。そして、心も体も、悲鳴をあげていきます。疲れていきます。それはやがて、体調等に反映されてきます。“強い刺激”によるストレス解消は、一見、すごく爽快で楽しく思えても、実は別のストレスとなって、後から襲い掛かってくることがあるわけです。

インナーチャイルドの声は、いわば、“心と体からの本当の正直な本音”。その声を聞くことは、自分の心と体を癒し、満たすことにつながります。インナーチャイルドとコミュニケーションをとり、声を聞こうとすることは、今までの自分の行動が、本当は自分の心と体にとってどうなのか、考え直すきっかけにもなりますよ。

というわけで、28日(土)は、「ライフパスアカデミー」での「インナーチャイルドを癒すワークショップ」開催です。ご参加、お待ちしています!

きょうも明るいほうへ マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★「対面セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中です!