こんにちは、マモルです。

昨日のブログで、「晴明神社」に参拝してサポートをいただいてきたことをご紹介したら、けっこう反響がありまして、ちょっと驚いております。さすがは、大人気の安倍晴明公ですね。

さて、昨日も申し上げておりましたが、「晴明神社」には、今年2回目の参拝でした。

1回目は、6月。

このときは、「これから、呪術解除もやっていきますんで」というご挨拶、いわば「仁義を切る」ために伺ったのです。

別に隠すわけではないけど、わざわざお伝えすることでもないので、当然ながら、誰にも伝えず、一人で行きました。

しかし、その数日後、「見える・わかる」知人から連絡がありまして。

『あんた、“呪術解除”やり始めたでしょ』

おっとびっくり。

え、誰にも何も言ってないのに、なんで?

すると、その知人曰く。

『突然、いかにも“陰陽師です”という格好の人達が、数人、出てきた。(※知人に見える世界の話です)

「呪術を解除する」と言う。

そりゃ、自分もいろいろ呪術にはかかっていると思うけど、特にそれを誰かに依頼したりはしていない。

で、「なんで来たの?」と聞いてみた。

すると「マモル・・・」と言ったんだよね(笑)』

おおっと、いや、もう、なんとまあ。

ご挨拶に行っただけのつもりが、近しい人達の解除には、さっそくもう、勝手に動き出していたとは。

しかしまあ、この話を聞いて、安倍晴明公は、しっかりサポートしてくださっているんだなあ、と、あらためてありがたく思いました。

というわけで、その後、私の行う遠隔解除セッションは、「先祖解除セッション」を中心に、基本的にすべて、この陰陽師系・山行者系の「呪術解除」の要素も、盛り込んだものとなっております。(あ、前回の「幸魂様セッション」は違いましたが・・・あれは「解除」セッションではなかった、ということで)

とはいえ、レベル的にどこまでやれているのかは、明確な指標や比較対象があるわけではないので、何とも言えませんが。

ただ、けいこヴァールハイトさんのように、ヘブライの、ユダヤの・・・というような、海外系の呪術については、現状まだ、私の手の及ぶところではないようです。

でも、いつか、そちらの方も、手がけられるようにはなっていきたいなあ、と思ってはおります。

というわけで、引き続き、「呪術解除」的要素を盛り込んだセッションも行って参りますので、よろしければ、またご検討くださいませ。

 

きょうも明るいほうへ マモル