こんにちは、マモルです。

さて、ちょっと時系列を戻しまして、6月30日は、「夏越の大祓」でしたが、皆さん、いかがおすごしでしたでしょうか?

私は、いつもお世話になっている、港区の芝大神宮元神明宮で、茅の輪をくぐって参りました。

実は、前日の29日(月)にも、「6/27先祖解除セッション」でいただいたサポートのへの御礼詣りとしても伺っており、2日連続で、両社の茅の輪をくぐらせていただいたんですね。(なお、6/30は、けっこうな雨となったこともあり、写真は、前日の6/29のものです)

まず、芝大神宮。階段の真ん中に、茅の輪がしつらえてありました。

拝殿内では、神事に向けた準備が進められており、拝殿前には、椅子が並べられています。そこに降り注いでくる日差しは、なんとも神々しかったです。

手を合わせていると、いろいろのっかっていたものを、きれいに祓い落としてくれたように思いました。いや、気分が上がりました。

続いて、歩いて、元神明宮へ。

こちらも階段の途中に茅の輪が。なかなか歴史ある雰囲気です。ちょっと両サイドのスペースが狭かったのですが、一人ずつなら、くぐるのには十分。

拝殿では、お賽銭箱の上に、大祓神事の「人形」の受付箱が置かれていました。私もお納めさせていただきました。

こちらでも、たっぷり光を浴びさせていただき、さらに浄化していただいたと思います。お伺いしたタイミングでは、他に参拝者もおらず、ゆっくりご挨拶できて、よかったです。

なお、神社によっては、まだこの週末ぐらいまでは、「茅の輪」をしつらえたままにしているところもあるかと思います。お近くにそういう神社があって、まだおくぐりでない方は、よかったらぜひどうぞ。心身ともに、軽くなると思いますよ。

きょうも明るいほうへ マモル