こんにちは、マモルです。

さて、「大神神社」「桧原神社」と、「疫病退散」にからむ神社をご紹介してきました。ただ、この二社に関する「疫病退散」は、「国全体から疫病が消える、治まる」という意味合いになりますね。

では、ちょっと自己中心的かもしれませんが、「自分が疫病にかからないように」という意味でお願いするとしたら、どの神様にお詣りしたらいいのでしょう?

それはズバリ、スサノオノミコト様。(漢字だといろいろあるので、とりあえずカタカナ表記にします)

おおもとになっているのは、「蘇民将来」のお話。

ご存知の方も多いと思いますが、ウィキペディアによりますと、こんなお話です。

『旅の途中で宿を乞うた武塔神を、裕福な弟の巨旦将来は断り、貧しい兄の蘇民将来は粗末ながらもてなした。後に再訪した武塔神は、蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、蘇民の娘を除いて、(一般的・通俗的な説では弟の将来の一族を、)皆殺しにして滅ぼした。武塔神はみずから速須佐雄能神(スサノオ)と正体を名乗り、以後、茅の輪を付けていれば疫病を避けることができると教えたとする。」

そんなこんなで、スサノオノミコト様は、疫病除けの神様とされているわけですね。(ただ、疫病をもたらしているのもスサノオ様自身、という側面もあり、そこらへんどーなの?という部分もありますが)

ですので、もし「コロナにかかりませんように」と神頼みしたいのであれば、スサノオ様をお祀りしている神社が一番、ということになるかと。

ちなみに、スサノオ様をご祭神としている神社は、全国各地にもういーっぱいありまして、系列的には、祇園神社、八坂神社、氷川神社、津島神社、天王社、須賀神社、須佐神社とか。ちょっと探せば、きっと皆様のご近所にもあると思います。外出自粛中ではありますが、軽い散歩ついでに立ち寄れる範囲にあるのでしたら、ちょっとお詣りしてみてもいいかもしれませんね。

ちなみに、有名な京都の祇園祭も、もとはといえば、「疫病退散」を祈願したもの。今年は、コロナの影響を鑑み、「山鉾巡行」は中止になったようで、まったくもって、残念無念です。

そして、白金台サロンの氏神様でもあり、「先祖解除セッション」等で、いつも大変お世話になっている、白金氷川神社のご祭神も、スサノオ様です。今度お詣りするタイミングがありましたら、ブログを読んでいる皆様、そしてその大事な人達が守られますようにと、お願いしときますね。

なお、蘇民将来の話は、スサノオ様ではなく、仏教の神様の「牛頭天王(ごずてんのう)」として伝えられていることも多いのですが、 日本は神仏習合の国なので、「スサノオ様=牛頭天王」という位置づけになっております。ですんで、近くに牛頭天王を祀る寺社があるなら、そちらを参拝してもよろしいかと思います。

というわけで、きょうは「コロナにかかりませんように」ということでお詣りするなら、スサノオ様にどうぞ、というお話でした。

あらためまして、この新型コロナウイルスが、一日も早く終息してくれることを祈念致します。

きょうも明るいほうへ  マモル