こんにちは、マモルです。

さて、緊急事態宣言が日本全国に出されての初めての日曜日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

コロナ感染が怖いとか、仕事への影響・収入減が怖いとか、もし恐怖に呑み込まれそうになったら、けいこヴァールハイトさんのYouTube公式チャンネルから、こちらの動画をご覧くださいね。「恐怖」のエネルギーを、取り去ってくれますよ。

そして、久々に神社の話。

こういうタイミングだということで、奈良の「大神神社(おおみわじんじゃ)」をご紹介。

ご存知の方はご存知と思いますが、こちら、日本の歴史上、初めて「疫病退散」を願って、創建されたとされる神社。

いろいろ経緯はあるのですが、ものすごくざっくり説明しますと、第十代崇神天皇の時代に疫病が蔓延し、その対策に悩んでいたところ、天皇の夢に、ある神様が現れ、「自分を祀れ」と言ってきたんだそうです。その神様こそ、大物主神(オオモノヌシノカミ)。で、三輪山に神社が創建された。それが大神神社だ、というわけです。

詳しく知りたい方は、「古事記」「日本書記」やその関連・解説本にいくらでも詳しく記載されていますので、よかったらお読みくださいませ。(ネット上の記事にもたくさんあります)

ちなみに、大神神社は、日本最古の神社とも言われています。とすると、日本の神社は、「疫病対策」から始まった、ということになりますね。

というわけで、私としても、このブログを通じて、「コロナ退散!」と、ヴァーチャルにお祈りさせていただきます。

世界規模で広がっているものではありますが、せめて日本国内への影響について、なんとか最小限にとどめていただけるといいですね。

よかったら、このブログの写真を通じて、皆様もお願いしてみてはいかがでしょうか。そうしたら、少し気分も晴れるかもしれませんよ!

きょうも明るいほうへ  マモル