こんにちは、マモルです。

きょうは個人的な話で誠に申し訳ありませんが、3年前からの念願がかなった話

先日、3年前からずっと“呼ばれていた”神社に、ようやく参拝できました。

鹿児島県は大隅半島にある、「高屋神社」(たかやじんじゃ)

見た目は、小さくて地味な感じですが、エネルギーはすごいです。

いらっしゃるのは、ニニギノミコト様の息子で、「山幸彦」として有名なヒコホホデミノミコト様と、その奥方の「竜宮の乙姫」として有名な、トヨタマヒメ様の二柱。

神社自体が、竜宮そのものというか、水の中・海の中にいる感じで、面白かったです。

手を合わせていると、トヨタマヒメ様のお姿の方がすごく大きく、一方で、ヒコホホデミノミコト様のお姿は、後ろの方ですごく“ちんまり”とした感じ。

なんでも、このお社での存在感は、ざっくり、トヨタマヒメ様が9割、ヒコホホデミノミコト様は1割なんだそうで。まあ、神社が竜宮の中だとしたら、実質的に、トヨタマヒメ様の実家の中にいるみたいなものなので、ヒコホホデミノミコト様も、多少遠慮されているのかな、と思ったりしました(笑)。

で、なんでこの参拝が念願だったかというと、この「高屋神社」、鹿児島県の中でもけっこうな「へき地」にありまして、なかなか気軽にふらっと行けるような感じのところではないんですね。別に道が険しいとか車で行けないとかいうわけではないんですが、単純に、“遠い”んです。なので、呼ばれているのはわかっていたんですが、積極的に、「行こう!」という気分には、なかなかなれなかったのです。

でも、いろいろご縁がつながりまして、今回、お仲間の方々と一緒に参拝できる機会が設けられたため、無事、参拝させていただくことができました。

個人的には、“機が熟した”というんでしょうか。必要なタイミングで必要なところに呼ばれる、そういう流れの一つとして、起きたことなんだろうなと思っています。

そういう意味では、昨日までのブログの内容と、ちょっとつながってくる感じもしますね。私のエネルギー状態との兼ね合いも含め、3年前でも2年前でも去年でも早すぎて、今年のこのタイミングでなければならなかったのでしょう。そう感じます。

明日もちょっとだけ続きを。

きょうも明るいほうへ  マモル