こんにちは、マモルです。

昨日のブログの続きです。初めての「先祖供養・先祖解除セッション」、まずはお供物を並べ、ちょっとした口上を述べてみます。

そして次に、サロンの空間全体を、エネルギーで満たしていくイメージをしました。そう、「スターラインズ」でもらってきた、あの「青い玉」を使います(※詳しくはこちら)。

一通りエネルギーで満たしてみると、それはそれでいいのですが、なんだか、あべけいこさんの先祖解除セッションに同行したときのような、“集まってきた御霊でちょっともわっとワサワサ感”が、あまりしません。もともと御霊が集まってきてないのか?それとも、そもそもこの場所が護られている場所だけに、入ろうにも入ってこれていないのか?うーん、微妙。

よくわからないまま、イメージの中で、愛宕神社でいただいてきた鯛をお供物に加え、白金氷川神社でいただいてきた槍を立てて光らせ、そこに集まってきているであろう御霊を、愛宕神社でいただいてきた釣り竿の針の先に集め、束ねていきます。

しばらく様子をみてみましたが、何か映像が見えたり、情報が入ってきたりはしません。とりあえず、その状態のまま、祝詞とお経をあげていきました。

祝詞とお経をあげている間は、読み上げるのに精いっぱい。何か起こっているのかどうか、実際に御霊があがっているのかどうか、さっぱりわかりません。

チラチラとロウソクの炎を覗き見ると、ごく普通に、ともっています。あべけいこさんの先祖解除に同行したときは、たいてい、炎が大きくゆらめき、激しい黒煙が出て、「ああ、上がっていってるんだなあ」と思うんですが、なんだか、すごく、おとなしいんですよね。

これ、本当に大丈夫かいな・・・不安になりつつも、とりあえず、予定していたお経等を、全部読み終えます。ここまで、約1時間半。ちょっと休憩して、お供物を半分、いただきます(そういう手順なのです)。

で、ご依頼いただいた方々のうち、ご希望の方には、同席していただいておりました。皆さん、私より遥かに、見える、わかる方。どうだったか聞いてみると・・・

「なんかね、霊たちが黄色い光の波に乗ってスーッと上がっていく映像が見えた。特に抵抗したりすることもなくて、本当に一列に並んで順番に、とてもスムーズだった」

とのこと。どうやら、あまり暴れたり言うことを聞かなかったりする、タチの悪い御霊は、いなかったようです。そういう“もともとおとなしい御霊”しか集まっていなかったのか、それとも、サロンのエネルギーや神様方のサポートが強くて、おとなしく従ったのかはわかりませんが、とりあえずは、ある程度、御霊をあげることは、できていたようですね。

また、自分では気づきませんでしたが、浄土に上げづらい方を上げるときに唱える真言をあげていたときには、「ロウソクの炎が勢いよく燃え上がり、黒煙を上げているのが見えた」とのこと。ということなら、そのときは、けっこう力技で、あげることができていたのかもしれません。

さらに、1時間ほど、あらためて追加のお経を唱えます。しかし、前半の時点で、ほとんどの御霊は上がってしまっていたようで、後半は、さらに手ごたえなく、ややスカスカな感じで終わりました。

・・・というわけで、私の初めての「先祖供養・先祖解除セッション」は、イマイチ肩透かしな感じで終了。自分としては、正直何がなんだかよくわからず、何も実感はないまま、とりあえず、型通りにこなしただけに終わりましたが、同席していた皆様の話では、それなりになんとかできていたようで、少しホッとしました。

しかし、その日の夜はよかったのですが、翌朝から、ものすごく身体がだるくてずっと眠い・・・やっぱり、相当エネルギーを使うんだな、と思いましたね。これを2~3日連続して、しかも私の数倍の人数の依頼を受けて行っているとは・・・、いや、あべけいこさんは、ほんとに偉大です!参りました!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!12月初旬までのスケジュール、公開しています!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!