こんにちは、マモルです。

さて、先月のことになりますが、実はこっそりと、「ご先祖供養・先祖解除セッション」を、初めて執り行わさせていただきました。

ことの起こりは、先日、「ライフパス・アカデミー(LPA)」の打ち合わせをしていたときに、あべけいこさんが、「いいかげん、自分で先祖解除やりなさい、もうできるでしょー!」と、有無を言わさぬ口調で迫ってきたため。いつも優しい方ですが、厳しいときは厳しいのですよ、トホホ。

というわけで、半ば強制的に日程を決められてしまいまして、とりあえず、ごく内輪の数人の方からご依頼をいただいた形にして、「先祖解除セッション:ゼロ回」として、やってみることになったのです。

会場は、“護られている場所”ということで、「白金台サロン」を貸していただくことになり、身請けの神様についてもいろいろアドバイスいただいて、港区内の3社を回ることにします。

そして迎えた当日。まずは、身請け神社にお詣りします。

1社目は、愛宕神社。

御祭神は、火の神こと、火産霊命(ほむすびのみこと)様、そして、罔象女命(みずはのめのみこと)様〈水の神〉、大山祇命(おおやまづみのみこと)様〈山の神〉、日本武尊(やまとたけるのみこと)様〈武徳の神〉。平日午前中とあって、そんなに人も多くはありません。しっかりご挨拶して、サポートをお願いすることができました。

波長をあわせていくと、神様の姿は見えませんでしたが、なんだか、大きな鯛が頭に浮かびます。これ、お供物にしろということかな~、と思いつつ受け取ると、さらに釣竿のイメージが浮かびました。これで、御霊を引き上げろということなんでしょうか(※あべけいこさんこちらのブログ参照)。こちらもありがたく受け取ります。

2社目は、赤坂氷川神社。

こちらでは、御祭神の素盞嗚尊(すさのおのみこと)様、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)様、大己貴命(おおなむぢのみこと)様のお力をお借りします。鳥居をくぐり、お詣りしようとしたところ、なんだか雅楽の生演奏が。あれ?と思ってよく見ると、なんと神前結婚式の真っ最中!

ちょうど式がお開きになって、全員での記念撮影に移ろうというタイミングで、長々とご挨拶するわけにもいきません。このため、ほとんど何もやりとりはできませんでしたが、本殿の奥からは、いつになく、「ピカピカ」「キラキラ」した感じのエネルギーを送られたような感じがしました。新婚夫婦への祝福のエネルギーを、ちょっとお裾分けしてもらった感じですかね。

そして、3社目は、白金氷川神社。

氷川神社ということで、御祭神は、赤坂氷川神社と同じく、素盞嗚尊(すさのおのみこと)様、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)様、そして、愛宕神社と同じく、日本武尊(やまとたけるのみこと)様が加わります。

波長をあわせていくと、日本武尊(やまとたけるのみこと)様でしょうか?若い男性風の神様の姿が浮かんできて、昔風のをいただきました。「え、これで、御霊をやっつけろということ?お供養会なのに?」と、ちょっと驚きましたが、よくよく尋ねてみると、この槍の穂先の輝きの光によって、御霊を呼び集める、という形で使えばいいようです。例えは悪いですが、街灯の明かりに虫が寄ってくるよう感じですかね。

白金氷川神社を後にするときには、それまでの曇り空が晴れ渡り、うん、サポート始まってきたなー、という感じがしました。

というのも、話が前後しますが、やはり数日前から、幽霊さんたちが多数おしかけてきていたようで・・

特に前日からは、身体が、だいぶ重くなってきていたんですよね。夢の中で両手を手首から斬り落とされていたり、朝起きたときも、なんとなく、左足首のあたりに刃物で切られたような痛みを感じたり。けっこう散々でした。でも、3社にお詣りしたことで、だいぶ軽くなってきました。

そしてお供物を買い出しし、白金台サロンに持ち込んで並べていきます。このお供物代も、けっこうかかるんですよね・・・トホホ。

さて、準備を整えたところで、いよいよお供養会開始です。続きは、また次回!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!12月初めまでのスケジュール、公開中しています!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!