こんにちは、マモルです。

しばらくの間、「スターラインズ」での私の体験から、いくつかご紹介していければと思います。まあ、ちょっと頭のイカレたおっさんの与太話と思ってお読みくださいまし。

初日から2日目にかけては、それまでの復習を兼ねて、フォーカス10→12→15→21→27→34/35と、順次体験を重ねていきました。(※フォーカスの詳しい意味については、トレーナーのヒロさんのHPからどうぞ)

と、ここで、初めて聞くフォーカスが登場します。それは、「フォーカス33」。

人によって体験する感覚は異なるそうですが、だいたい、“すごく気持ちのいい、癒しの空間”と感じる方が多い領域だそうで、「温泉に浸かっているみたい」とか、「ハートも身体もすごく緩む」と感じる方が多いそう。あまりの気持ちよさに、体験そっちのけで寝ちゃう、という方も多いそうです。

ワクワクしながら、CDのガイダンスに沿って、体験していきます。

すると、徐々に私に見えてきたのは、山間地を流れる清流。河原。そして、湯気。

そうそれは、まさしく、ここ。

昨年秋、同会月の吉方位旅行を兼ねて訪れた、和歌山県熊野の川湯温泉です。河原を掘ると温泉が出てきて、露天風呂になっているのですね。(※そのときのブログはこちら)

こりゃいいや、と早速温泉に浸かります。すると、ちょっといい気分になった、と思ったら、場面が切り替わり、熊野本宮大社大斎原(おおゆのはら)にいました。おやおや。

よくわからないけど、お詣りしようとすると、神様?の声が響いて、「川で禊をせよ」という指令が聞こえてきます。しかたなく、隣を流れる熊野川へ。

川の中に入っていくと、勢いよく水が押し寄せてきて、あっという間に下流に流されます。すると、また場面切り替わり、今度は、熊野川下流にある、熊野速玉大社に(流されて)来ていました。

とりあえず、御祭神の熊野速玉大神様にお詣り。すると、大きなイケメンの男の神様が出てきて、“青い玉”をくれました。とりあえずいただき、胸の内に納めます。

すると、また場面が切り替わり、今度は、那智の滝の滝つぼのあたりに。

勢いよく流れ落ちる水を受けながら、滝行気分。そうするうちに、身体がどんどん滝を遡っていき、滝の上空に浮き上がります。そこまで来ると、熊野那智大社が眼下に。上空からですが、手をあわせてご挨拶をさせていただきました。

すると、そのタイミングを計ったかのように、「ではそろそろ戻りましょう・・・」のガイダンスが。結果として、まさかの熊野三社詣り。まあそれはそれとして、温泉に浸かり、川で禊をして、たっぷり浄化をしていただけたのは、F33らしいなあ、と思いつつ、C1(現実世界)に帰還しました。

で、これだけだと、ただの、“妄想”“夢”、と言われても仕方ないようなものなのですが、これ、私にとっては、すごく大きな意味がありました。というのは・・・実は、熊野速玉大社で受け取った「青い玉」、これ、「スターラインズ」に行く直前の10月4日(木)に、別の神社でも、同様の「玉」を受け取る体験をしていたんですね。

それがこちら。白金氷川神社

 

近く、あることの“お試し会”をすることにしておりまして、白金氷川神社の御祭神の素盞嗚尊様に、そのサポートをお願いして、事前に挨拶に伺ったんです。そのときに、その「青い玉」をいただき、同じく身体の中に納めておりました。そして、今回の体験で、熊野速玉大社でも、同様の「青い玉」を受け取ったわけですね。こちらの方が、ちょっと大きいかな。で、自分の中で、二つの玉が融合して、より大きくなった気がしました。

その力は、イメージとしては、“浄化・クリアリング”に使うためのもの。それも、自分専用というわけではなくて、むしろ、人に対して使うためのものとして、いただいたように思えました。

ですので、この“浄化の玉”、ちょっと試してみた上で、使えるとなったら、セッションにもとりいれていこうかなと画策中です。とりあえず、“お試し会”でも、使ってみようと思います。

というわけで、宇宙意識探索という本来の目的に入る前に、さっそく現実世界での計画とリンクした形の体験があった「スターラインズ」。こりゃきっとこの後もいろいろあるぞ、と、気持ちも引き締まり、よりワクワクしてきました。

そしていよいよ、宇宙探索が始まっていきます・・・そのもようは、また次回!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!