こんにちは、マモルです。

昨日のブログに引き続き、またまた寒川神社参拝のお話、3回目です。ご安心ください、きょうでラストです(笑)。

「神嶽山神苑」「方徳資料館」で、「ご祈祷を受けていけ」とお叱りを受け、あわててご祈祷受付へ。

受付を済ませて控室に入ると、すぐに案内があり、ほとんど待つことなく、拝殿に通されました。

あらためて、お祓いをしていただき、鈴の音を浴びます。今回は、しっかり近くに陣取らせていただきましたので、その響きもまた格別。全身がとても軽くなりました。

そして、祝詞を聞きながら、正面の鏡を見つつ、波長をあわせてみます。すると・・・大きな筋骨隆々の獅子?みたいな姿が見えてきたように感じました。その姿は、まさしく、これ。

寒川神社の狛犬さんです。なんと、こんなところでも働いていたとは。(※別の存在かもしれませんけどね)

大きな狛犬さんと鏡が重なってみえるように感じていたところ、なんだか、鏡の方に、いろいろなものが吸い込まれていくような感じがします。祝詞に込められた祈りや、祈願者の願いとかを、あちらの世界に持っていこうとしていらっしゃるのでしょうか。

一通り終わると、狛犬さんも姿を消していき、鏡の表面が閉じられた?ような気がしました。何だったんでしょうねぇ。正直、よくわかりません。でも、こんな風にして、毎回、人々の願いを聞き届けていただいているのだなあと思うと、大変ありがたい思いがしました。

あと、寒川神社では、ご祈祷の際、財布や名刺などを「お祓い処」に置いておくと、玉串を捧げている間に、鈴の音でお祓いしてくれます。今回は、人も少なかったので、カバンを丸々ひとつ、どんと置かせていただき、お祓いしていただきました。ご祈祷していただく際は、ぜひこちらも忘れずにどうぞ。(写真の左側、赤で囲んでいる棚のところです)

というわけで、結局ご祈祷していただいて、新しいお札をいただくことになりました。実はちょっと家にあるお札が多いので、整理しようと思っていたのですが、結果、変わらず。でもまあ、また一年ご守護いただき、どの方位に出かけても厄災ゼロということなりますので、よしとしましょう(←何様のつもりだ)

とにかく、さすがに相模国一之宮・寒川神社、霊験あらたか!方位が気になるという方は、ぜひ一度お詣りしてくださいね!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!