こんにちは、マモルです。

さて、ちょっと前の話になりますが、ほぼ1年ぶりに、寒川神社にお詣りしてきました。(前回のお詣りの報告記事はこちら

「方位除」、「八方除」の守護神として有名な神社。昨年いただいたお札をお返しするとともに、これからまたあちこち出かけて行くと思うので、また一年のお守りをいただこうと伺った次第です。

さすがに相模国一之宮、いつ来ても威風堂々としてます。平日の午後とあって、参拝客も少なめ。ゆっくりお詣りできました。

まずは拝殿前へ。正面に見える、朱色の紐にぶらさがっている鈴、わかります?

私が寒川神社で一番好きなのが、この鈴の音。ご祈祷のときに、10~15秒ぐらい鳴らしてお祓いしてれくます。すごく美しくきれいな音色です。おススメです。

まずはご挨拶。この一年間の御礼と、ずっとお伺いできないでいた非礼をお詫びし、あらためて、これから一年の方位除けをお願いします。

祝詞を唱え、波長をあわせてみると・・・なんだか、茶色い着物を着た、すごく大きな男の神様の姿が浮かびました。なんだろう?と思っていると、私の方に右手を突きだしてきます。その手には、真っ白な反物が握られていました。とりあえず、ありがたくいただきます。

「これ、何ですか?」

「死装束」

「へ?えええー?」

「じゃなくて、ただの白装束。神官や修験者、巫女が着ていたり、吉凶時に着たりするだろう。お前もこれからいろいろやっていくつもりなら、これをもっておけ。そのうち役に立つだろう」

「あ、ありがとうございます・・・」

どうやら、白装束を与えることを通じて、もっと頑張りなさい、と励ましてくれたよう。最初はびっくりしましたが、あらためて感謝です。

このあと、納札所にお札をおさめ、あらためて御礼を申しあげます。(写真左下に小さく映っているお札です)

そして、もう一度拝殿前に戻ってみると、なんと、ちょうどご祈祷が始まるところ。ラッキー!とばかりに、拝殿手前に陣取って、中のご祈祷の方々と一緒のつもりで祝詞を聞き、お祓いを受けます。

そして、あの鈴の音が!

~しゃりんしゃりんしゃりんしゃりーん~(・・・いや、まあ、私の耳にはこんな感じで聞こえるんですよ・・・)

後ろからですが、鈴の響きをたっぷり堪能させていただきました。歓迎してくださっているのかなあと、ありがたい限りでした。

そしてこの後、境内裏手の庭園を散策します。そのもようは・・・次回に続きますね。

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー」WSのスケジュールはこちら!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!