こんにちは、マモルです。

さて、霧島・桜島の次は、東京に戻ってからのこと。

用事があって、自宅近くの郵便局に行きました。で、その郵便局のすぐ先に、氏神様の「八幡神社」がありまして、何気なく、ふらっとお詣りしたんですね。

いつもここではご挨拶と、住まわせていただいている感謝の思いだけを伝えております。なので、別に波長を合わせたりはしないのですが、この日は、手をあわせていると、何も意識はしていないのに、なんとなく、武将みたいな人が浮かんできました。

「お前は、いまだ覚悟が足りんの~、もっとちゃんとせんかい!」

ありゃ、またお叱り?

しかしまあ、だいたいいつものパターンなので、神様に叱られるのは、もうすっかり慣れております(おいおい)。

「はい、おっしゃる通りです、誠に申し訳ありません、すみません、すみません・・・」

形だけ(?)謝り倒して、そそくさと逃げるように、神社を後にします。

ちなみにこちらの神社、御祭神は、品陀和気命(ほんだわけのみこと)様応神天皇様であり、いわゆる八幡様ですね(八幡神社ですから当たり前ですが)。武運の神様ですから、武将姿もうなずけます。この神社でお姿を見せていただいたのは初めてのこと。しかし、それがいきなりのお叱りで、ちょっと複雑な気分でした。

で、この日、午後から別の用事がありまして、世田谷の方に出たんですね。すると、何気なく歩いているだけなのに、何度も目に飛び込んでくる文字が。

「用賀」「用賀」「用賀」・・・

実は私、2年前まで、世田谷に住んでおりまして、そのときは、氏神様・鎮守神社として、「用賀神社」に、よくお詣りさせていただいていたんですね。

「こりゃ、用賀神社に呼ばれてるな・・・」

というわけで、用事を済ませたあと、ちょっと足を延ばして、用賀神社へ。

久しぶりの参拝のお詫びとご挨拶をして、呼ばれたからには、波長を合わせてみます。

すると・・・またまた、武将みたいな神様が出てきました。そして、目の前に、ぐいっと、矢を突き出してきます。

え、これ、どうすんの?使えってこと?うーん、どうしよう。

平和主義者の私としては、できるだけ武器のようなものは持ちたくない。しかし、ためらっていると、ぐいぐい突き出してきます。仕方なく、受け取りました。やれやれ。

「これ、何に使うの?」

「これを使って、前進するのだ。進みなさい」

そう一方的に言って、武将っぽい神様は姿を消しました・・・。参ったな、こりゃ。

しかし、ここでもまた、なんで武将なんだ?思ったところ・・・ハッと思い出しました。そうだ、ここ、応神天皇様もご祭神だった!

どうやら、午前中、地元の八幡神社でのお叱りを、適当にかわしてすり抜けたとことで、この用賀神社に手を回されたようです。もしくは、もともとそういう連携になっていたのかと。トホホ。

そして、帰りの電車の中で、あらためて八幡様=応神天皇様について調べてみると、八幡様は、別名「弓矢神」様なんだそうで・・・こりゃ、矢をくれるわけだ、と納得しました。

でも、繰り返しますが、私は根っからの平和主義者。争いや勝負ごとは、もうできる限り避けたいところ。できればこの矢、ずっと使わないでいたいものです。

というわけで、心ある皆様は、どうか私にそういうシチュエーションが訪れないことを、祈ってくださいませね!(でもきっと何かあるんだろうなぁ・・・ああヤダヤダ)

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!7月・8月スケジュール公開してますよ!

★私の対面個人セッション」「ビデオ通話セッションも、受付中ですよ~!7月前半は、ちょっとたてこんでおりましてお休みです!