こんにちは、マモルです。

昨日のブログ、勉強会の話の続きです。

この勉強会では、「人間がこの世で生きる意味」の一つを、「魂のレベル・魂の階層を上げるため、魂を磨くため」と捉えています。あの世にはいくつかの魂の階層があって、ひとつ上の階層に行くためには、肉体を持つこの現実をしっかり生きて、魂を磨いていくことが必要だ、ということなんですね。(もちろん、生き方によっては、逆に下がることもあります)

この考え方自体は、一般的にも言われている「あの世・この世」観でもありますので、まあご紹介しても、差し支えないかと。

で、ここからが昨日の続きになるのですが、では、現実世界を生きて、魂を磨き、魂の階層をあげていくために、一番効果的なことは何かというと・・・それは、「嘘をつかない生き方をすること」「嘘をつかなくてもいいような、そういう自分になっていくこと」だそうです。

もともと、今は、自分の内側が、どんどん表出していく時代。嘘やごまかしは、これからはどんどんバレていきます。嘘やごまかしのある人生は、どんどん生き辛くなっていきます。だからこそ、嘘をつかない生き方をする、正直に生きるということが、これまで以上に大事になる、ということです。

とは言っても、「じゃあどうすれば、嘘やごまかしのない自分になれるの?」と思う方も多いかもしれません。そのためには、どうすればいいか?

それは結局、あべけいこさんの高次元の存在が再三訴えていることで、何度もこのブログでもお伝えしてきていること、つまり、「自分で自分を愛すること」「自分は自分のままでいいと、自分が認めて思ってあげること」です。

勉強会では、こんなお話がありました。

「人はきっと、“今のあなたのままでいいよ、そのままでいいよ”と言ってくれる人を、ずっと探し続けています。母親にはそういう面もあるが、母親は、いずれ、先に死にます。そうすると、それを外に探し続けると、たぶん一生、見つからない。

だから、自分が自分に、“今はこんな感じだけど、それでいいんだよ。明日、また少しでもよくなれば、それでいいんだよ”って、“自分は今の自分でいいんだ”って言って、そして自分を好きになるとか、自分を赦すとか、そうしていくことが大事。もちろんそこには、“明日はもっといい自分になっている”というのが、くっくんですけど。

そうすることで、他人に対しても、何かしてあげられることが増えてくるんです」

やっぱり、そうなんですよ。人が、肉体を持ってこの現実世界を幸せに生きるにあたり、一番大事なことは、「自分を愛すること」に、尽きるんです、きっと。あ、幸せに生きる気がないのなら別にいいです。でも、幸せに生きたいのなら、そうした方がいいと思います。

勉強会では、神様ごとに関する様々な学びをさせていただいたのですが、最後の最後の質疑応答のところで、この話になりました。結局、一番大事なことは同じだなあと、またひとつ、腹落ちして受け止めることができました。

そして、自分のとりくむべきことや方向性について、またいろいろと考える部分も出てきましたので、そこもふまえて、引き続き精進して参りたいと思います。会に参加できて、本当によかったです。

きょうも明るいほうへ マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!