こんにちは、マモルです。

昨日のブログの続きです。実は、新屋山神社に続けて、静岡県熱海市の伊豆山神社にもお詣りしてきました。こちらは、実は、あべけいこさんから「新屋山神社に行くんだったら、一緒に伊豆山神社もお詣りしてくるといいよ~」と勧められたため。というわけで、山梨から箱根を縦断し、車を伊豆に走らせます(運転はMさんなので、私は後ろで楽させてもらってます)。

1時間ちょっとで到着。

こちらもまた、穏やかな感じの神社でしたね。源頼朝・政子由来の「強運」のパワースポット、という話も聞いていたので、もうちょっと厳しい感じかなと思っていたのですが、いい意味で予想が外れました(笑)。

こちらでは、「自分のこれからの活動へのお力添え」を依頼。とくだん、何か感じることはなかったですが、りんごさんによると、「紙垂が揺れていた」とのことで、まあ、それなりに歓迎してもらい、受け入れてはいただいたのかなと。

そして、山道を30~40分かけてえっちらおっちら登り、奥宮の「本宮社」をめざします。ちょっとキツめの山道でしたが、いい気にあふれています。大空と森林と大地の気を、たっぷり、とりこませていただきました。

こちらが「本宮社」。

手をあわせてみると、力が強いな、と感じました。明確に何か見えたり感じたりしたわけではありませんが、たっぷり元気をいただけたような気がします。

さて、伊豆山神社のご祭神は、天忍穂耳尊 (アメノオシホミミノミコト)・拷幡千千姫尊(タクハタチチヒメノミコト)・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の三柱。実は、私の産土神様は、瓊瓊杵尊様でして、ご同行いただいた先達のMさんもりんごさんも、瓊瓊杵尊様にご縁があります。そんなつながりから、今回、3人まとめてお呼びいただいたようです。

ここであらためてご説明しますと、天忍穂耳尊と拷幡千千姫尊はご夫婦で、瓊瓊杵尊は、その子供にあたります。そして、伊豆山神社の前にお詣りした、新屋山神社の御祭神は、大山祗命、天照皇大神、木花開耶姫命。このうち、天照皇大神は、天忍穂耳尊のお母さん、大山祗命と木花開耶姫命は、父と娘で、木花開耶姫命は、瓊瓊杵尊の妻にあたります。

要するに・・・今回の新屋山神社⇒伊豆山神社のルートは、天照皇大神から瓊瓊杵尊につながる3代の流れを、踏襲する旅になっていたわけですよ。後から気づきましたが、うーん、仕組まれてるなあ・・・という感じです。

いうことは、やはり今回は、「これからの自分の活動の流れを応援し、促進させるため」、簡単に言えば、よりパワーアップさせるためのエネルギー注入に呼ばれたのであろうかと。いや、いつも思うことですが、上のやることには、かないません。

というわけで、せっかくパワーアップのエネルギーをいただいてまいりましたので、それを日常活動にいかしていかないと、申し訳ない。また皆様に還元して循環させていただければと思います。まずは、明後日4/28(土)に迫りました、「ライフパスアカデミー」での「インナーチャイルドを癒すWS」から。まだお席、ございますよ。ご参加、お待ちしております!

あ、伊豆山神社には、小泉今日子さんが奉納した鳥居もありますよ。ファンの方は、こちらも必見!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★「対面セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中です!