こんにちは、マモルです。

神社仏閣ネタが続いておりますが、またまた一昨日の4/23(月)には、山梨県富士吉田市の新屋山神社に参拝してきました。ご存知の方はご存知と思いますが、「日本最強の金運神社」とも呼ばれる神社ですね。

先月末から呼ばれていたみたいなんですが、私は、富士山周辺の神社へのお詣りは、これまであまり縁がありません。一人で出かけて、道に迷って樹海に迷い込み、そのまま朽ち果ててしまったらどうしよう・・・などとビビっていたところ、すでに新屋山神社にお詣り済の、わが先達のりんごさんMさんのお2人が、「連れてったげるよー」ということになり、ご厚意に甘えさせていただきました。

Mさんに車を出していただき、るんるんドライブ気分。この日は曇り空でしたが、高速をおりてしばらくすると、次第に晴れ間が広がってきて、正面に美しい富士山が拝めました。さすがは、毎日富士山に愛を送っているというお2人。私一人では、こうはいきません。何事にも先達はあらまほしきかな。

さて、新屋山神社に到着。

“金運神社”と称されますが、別に金ピカの派手派手な神社ではありません。大通りからちょっと入った集落の中にある、厳かな中にも穏やかな雰囲気の神社でした。ふんわりやわらかな、優しい気に包まれていました。

御祭神は「大山祗命(オオヤマツミノミコト)」、そして「天照皇大神(アマテラスオオミカミ)」と「木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」の3柱。ただ、聞くところによると、“とにかく金ピカの神様がいらっしゃる”みたいで、その神様が、参拝者に金ピカのエネルギーを下ろしてくださっているよう。

社殿に入る際には、全員に、神職さんがお祓いをしてくれます。ありがたくお祓いを受けた後、お詣りさせていただきました。もちろんお願い事は、「金運」。手を合わせていると、私のイメージの中で、ふわっと現れた女神様が、やわらかく金色に光る玉?みたいなものを、胸の中に滑り込ませてくれたように感じました。おおお、ありがとうございます。

この後、摂社末社をお詣りしていると、社殿から、祝詞が響いてきます。歓迎していただいているのだなあと、大変うれしかったです。まあ、私ではなく、先達のお2人への歓迎の意なのかもしれませんが(汗)写真の奥の方、女性の神職さんが祝詞をあげてらっしゃるのがわかります?

できれば、奥宮まで参拝できるとよかったのですが、奥宮への道は、冬季は閉鎖されており、今年は4/28(土)から通れるようになるんだそうです。あとちょっと待っとけば、というタイミングでしたが、そうすると、日程的に先達のお2人のお力添えはいただけませんでしたし、ここがベストのタイミングだった、ということなんでしょうね。

で、「金運」を授けていただいたということは、「もっとパワーをつけて、活動を広げていきなさい」ということだろうと思いますので、あらためて気持ちを新たにして、精進して参ります。まずは、28日(土)の「ライフパスアカデミー」で担当する「インナーチャイルドを癒すWS」ですね。まだお席、ございますよ。ご参加、お待ちしております!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★「対面セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中です!