こんにちは、マモルです。

一昨日の4/21(土)、鎌倉の長谷寺に、お詣りしてきました。

もともと、長谷寺には、昨年11月の時点で、呼ばれてたんですよね。でも、昨年の11月・12月はけっこう忙しくて余裕がなく、年が明けてからも、今年は寒かったこともあり、ずっとグズグズしてたんです。

ところが、先週になって、妙に長谷寺が気になりだしまして・・・あ、これは、いよいよ呼ばれているな、と思い、ようやく重い腰をあげた次第です。

しかし、鎌倉駅に着き、江ノ電に乗ったあたりから大後悔。というのも・・・ものすごく観光客でいっぱい!自由業なんだから、空いている平日に行けばいいのに、わざわざ土曜に思い立って出発してしまったのが、大間違いでした。

とはいえ、来てしまったものはしょうがない。人波をかきわけ、御本尊の十一面観世音菩薩様を拝みに、観音堂へと進みます。

堂内は撮影禁止につき、HPからお借りした写真で、雰囲気を感じてくださいませ。

お堂の端っこの方に陣取り、まず小声で、観音経を唱えます。それから、同じく小声で、十一面観世音菩薩様の真言を108回唱えます。いや、後ろから怪訝そうな視線が刺さる刺さる。まあ、気にしませんけど(爆)。

そして、ゆっくり波長をあわせていくと・・・突然、山の上からの、由比ケ浜の眺望が広がりました。まさに写真のような感じ。

そして、十一面観世音菩薩様のお声?が入ってきました。

「観なさい。全体を観なさい。慈しみをもって、高いところから、すべてを観なさい。起きていることには、すべて意味がある。その意味を観なさい」

うーん、深い。確かにいま、「人を観る」仕事をさせていただいています。でもそれが、本当に大きな視点から観ることができているか?小さく狭い視点からのものになっていないか?あらためて、そういう指摘を受けた気がしました。なるほど、これを伝えるために、このタイミングで呼ばれたのか・・・そう思うと、なんとなく納得するところがありましたね。いや、感謝です。

納得できたところで、心を落ち着け沈めるべく、境内の書院にて、写経に取り組みます。

といっても、ごく短いお手軽バージョン。うう、汚い字でお恥ずかしい限り・・・

でも、境内の庭園は、春の花が美しく、久々に心豊かな気分になりました。この季節に、お詣りできてよかったです。

というわけで、いよいよ今週末からはGW、長谷寺を中心としたお寺巡り、鎌倉散策も、なかなかいいんではないでしょうか。おススメします!

あ、とはいえ、28日(土)には、「ライフパスアカデミー」の「インナーチャイルドを癒すワークショップ」もありますので、よかったらぜひご参加を。まだお席、ございますよ!十一面観世音菩薩様の教えもいただきまして、あらたな気持ちで担当させていただきますね!

きょうも明るいほうへ  マモル

★「ライフパス・アカデミー」、WSのスケジュールはこちら!
★「対面セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中です!