こんにちは、マモルです。

さて、今さらのタイミングですが、熊野三山お参りの話、ちょっとこぼれ話を3題ほど。

<その1>

今回のお参りは、9/26(火)~9/29(金)での3泊4日の吉方位旅行でした。

で、初日の9/26(火)は、東京から移動するだけで精一杯。JR新宮駅に夕方到着。それからレンタカーを借りて、熊野本宮大社近くの川湯温泉に宿をとりました。

川湯温泉は、その名の通り、「川」に「温泉」が湧き出しているという温泉街。宿についたらすでに暗かったので、その日は諦め、翌朝、その「川湯」に行ってみました。それがこちら。

外から丸見えなので、水着着用での入浴がルール。残念ながら、水着は持っていってなかったので、足だけ、浸からせていただきました。ちょっと熱いけど、なかなかの味わい。山の朝のひんやりした空気と、温泉の熱さがあいまって、気持ちのよい朝のひとときをすごさせていただきました。

ちなみに、お湯から足を出したら、こんな感じに。

・・・お見苦しいものをお見せして失礼致しました(ペコリ)。次回は水着をもっていって、きちんと入りたいと思いました。

ちなみに、宿泊した宿は、ペット同伴OKという民宿・大村屋さん。人なつっこい看板猫もいます。癒されました!

<その2>

今回は、初めての熊野三山お参りで、時間的にも余裕を持っておきたかったこともあり、ほとんどレンタカーでの移動。このため、「熊野古道」を歩くのは諦めました。

ですが、その雰囲気をちょっと覗くぐらいはしてみたい、ということで、玉置神社から熊野本宮大社に戻る途中、ちょっと寄り道して、車で行けるいくつかの「王子(熊野古道を歩く上での各地のチェックポイントみたいなもの)」を確認させていただきました。

その一つ、「三軒茶屋王子跡」がこちら。

ほんのちょっと見てみただけでも、今にも何か見えない世界をつながりそうな・・・あと一日余裕があれば、じっくり歩いてみたかったですね。次回こそは!

<その3>

熊野三山へのお参りを無事済ませ、レンタカーを返却すべく、JR新宮駅に向かっていたところ、もうあと少しという交差点で、ナンバー「1111」、「2222」の車に遭遇。ここでちょっとイタズラ心が沸き、ガイドの龍に、「あと少しで着いちゃうけど、せっかくなので”3333”のナンバーも見せてみそ?」とリクエストしてみました。

といっても、この時点で、駅まであと数百メートル。そんなに交通量が多い場所でもなく、さらに駅までは、もう大通りではなく、小さな筋を進むだけです。

さすがにこれは難しかろうな、と思いつつ、最後の交差点を左折しようとしたところ・・・なんとそこにナンバー「3333」の車が!恐れ入りました。

今回のお参り、事故なく無事終了できたのも、まずはガイドの龍にしっかりお護りいただいたおかげ、ということでしょうね。感謝です。

というわけで、皆様も、旅行にお出かけの際は、道中の安全を、各自のガイドにしっかりお願いしてくださいね!

以上、熊野三山お参り旅行のこぼれ話3題でした。お付き合いありがとうございました!最後に、伝統工芸品の皆地傘(みなちがさ)をかぶった八咫烏様の写真でお別れです!

きょうも明るいほうへ マモル

個人セッション受付中です!予約システム上に表示されていない日時でも、都合があえばセッションさせていただきますので、まずはお問い合わせを!

SAFのWSも、ご参加お待ちしています!今週末、まだ参加できますよ!
【10月21日(土)22日(日)】無限の愛と豊かさにつながるワークショップ
【10月28日(土)29日(日)】無限の愛と豊かさにつながるワークショップ(in大阪)
【11月6日(月)】クリアリングワークショップ