こんにちは、マモルです。

きょうから2月、今年も、あっという間に、もう1か月過ぎましたね。早いものです。

そして、あさって3日の節分を経て、4日の立春から、日本人の集合意識的・東洋思想的には、新しい年の始まりです。

本当の意味での、令和四年、「壬寅(みずのえとら)」の年のスタートになります。

今年がどういう年になるか、という予測的なことについては、すでに多くの方がされておられますので、それはそれとして。

私から、皆様にお伝えすることは、いつも同じで、変わりません。

「明るく軽く」、いきましょう。

それが一番です。

そして、先日、声のお仕事をされている方から、こんなメールをいただきました。

 

【1/29(土)にいただいたメール ※一部略、一部文言整理】

『本日、新しい先生から、レッスンを受けました。

その先生が、こう言うのです。

「軽く、軽く、とにかく、軽く明るく!

相手のためを思ったり、考えたりして、読まない。

自分の声を聴け!聴かせる!

それでいいから」

これ、いつもマモルさんが、教えてくれていることですね。

そして、セッションを受けているときのようなイメージでナレーションを読んだところ、「それでいい!端々に、あなたが出てきた!」と、いっぱい褒めてもらいました。

嬉しかったです。

そのナレーション原稿の内容は、内容的には、大変悲しいものでした。

ですが、先生は、「悲しみにリンクしたらダメ」、と言うのです。

「内容を伝えるんではなくて、あなたのキャラを伝えなさい。

良い意味で、自己中で、ナルシストになりなさい。

そうしたら、聴く人は、勝手に、そこにドラマを観る」と。

なんだか、いつも教わっていることと、凄くリンクしていて、めちゃめちゃ感覚で、肌でわかりました。

ありがとうございました』

 

・・・そうでしたか、プロの声の現場でも、「明るく軽く」と、教えられているんですね。

私も、何だか嬉しいです。

あらためまして、ぜひ皆様も、「明るく軽く」、毎日をお過ごしください。

他人のことなど、考えなくていい。

いい意味で、自己中でいい。

とにかく、「明るく軽く」いきましょう。

その先に、たくさんの豊かさや喜びごとが、待っていると思います。

いつも同じではありますが、この「明るく軽く」という言葉を、2月のスタート、そして立春を前にしたこのタイミングで、あらためてお贈りさせていただきますね。

きょうも明るいほうへ  マモル