こんにちは、マモルです。

『新祝詞浄化・年末年始SPセッション~2022年をエネルギーMAXでスタートするために』本日いっぱい、お申し込みを受け付けております。こちらのブログをご確認の上、どうぞ。

本日12月24日、夜はクリスマスイブですね。

そして、あっというまに、今年も残り1週間となりました。

さて、私のブログでは、秋口からずっと「いま、多くの方が、清算を迫られている、求められている」とお伝えしてきました。

セッションで主に対応しているのは、今となってはどうしようもない、それぞれの方の「過去世」に関すること、さらにそのご先祖様方が過去にやらかしてきたこと、体験してきたことが、中心になっていますが。

「今世」でやらかしたこと、様々な後悔、解消したい思いについて、自覚して具体的にわかっていることがあるのでしたら、できれば、「今世」のうちに、自分自身で、その「清算」「解放」をしておいた方がいいです。

その中でも、できれば、特定の誰かに対する「思い」。

もちろん、「今世」とはいっても、幼少期や遥か昔のこととなると、その相手の連絡先もわからなくなっていて、どうにもできないことも多いとは思いますが。

例えば、今年1年以内のことであれば、相手との連絡もまだとりやすいでしょうし、意外と簡単に「清算」できたりするものです。

ですので、この1年の間で、感謝や何らかの思いを伝えたかったり、謝りたい人がいたりするのなら、それはもう、ぜひ、年内のうちに、そうしておいた方がいいです。

特に、何らかの「借り」がある人に対しては、できればそれを「返して」おく、できなければ、そのことに対する感謝の思いだけでも、あらためて伝えられるといいですね。

相手の方がどう思うか、どう受け取るかはわかりません。冷たい反応、拒否的な対応をされるかもしれません。

でも、相手の対応がどうあれ、自分の思いをきちんと伝えられたなら、自分の中での「一区切り」は、つけられるはずです。

それもまた、ひとつの「清算」になります。

直接会って話をすることはできなかったとしても、電話でもメールでも手紙でもいいので、自分なりの「清算」の行動をやっておくと、年内のうちに、その「重い荷物」をおろすことができ、新年を明るく軽く、迎えることができると思いますよ。

あと1週間しかありませんが、まだ1週間ある、とも言えます。

よかったら、ぜひやってみてくださいね。

余談ですが、先日、今更ながら、映画化もされた「20世紀少年」という名作漫画を通読しました(※画像はAMAZONからお借りしました)。

ネタバレになるので詳しくは申し上げられませんが、地球が滅亡の危機に瀕するという壮大なストーリーの一方で、その中核にあるものは、「主人公が少年時代にやらかしたことの清算」でしたね。

この漫画、私が住む地区の図書館に、以前から全巻(22巻+2巻)揃っていたのですが、いつも1巻が「貸出中」で、ずっと手をつけることができないでいたのです。

でも、今月に入って、たまたま、タイミングよく返却されてきたばかりの1巻を手にすることができ、そこから一気に、最終巻まで読み進めることができました。

その中核に「少年時代の清算」があったことを知り、このタイミングで手に取らされたこと自体が、「これもまた、何かの采配・導きだったのだろうなあ」と思うとともに、「これをブログで取り上げろ」ということだったのだろうなあと、思うばかりです。

というわけで、「大きな清算」はなかなか難しくても、「この1年以内のことの、自分なりの清算」なら、意外と簡単にできるかと思いますので、どうぞ皆様、ちょっと意識してやってみていただければ幸いです。

どんどん軽くなって、そして、スッキリと新しい年を迎えましょう。

そして、繰り返しになりますが、『新祝詞浄化・年末年始SPセッション~2022年をエネルギーMAXでスタートするために』、本日いっぱい、お申し込みを受け付けておりますよ。

こちらもあわせてお受けいただくと、より「清算」が進むところもあるかと思いますので、よかったらぜひどうぞ。

なお、夜になってからのお申し込みについては、返信が明日25日になってしまうと思いますので、そこはお許しくださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル