こんにちは、マモルです。

さて、あす9月9日は、「重陽の節句(ちょうようのせっく)」ですね。

1月7日の七草(人日の節句)、3月3日の雛祭り(上巳の節句)、5月5日の子供の日(端午の節句)、7月7日の七夕(七夕の節句)に比べると、一番なじみがないかもしれませんが、「五節句」のひとつです。(※まあ、本来は「旧暦」で行うものですが、そのあたりはさらっとスルーします)。

どういうことかをいうと、物事を陰と陽に分ける考え方(陰陽思想)では、奇数を「陽」、偶数を「陰」としています。

この場合、基本的に、「陰」と「陽」の調和、バランスがいい方がよくて、どちらかが強すぎるのはよくない、と考えます。

で、奇数の数字が並ぶ日は、「陽」が強くなりすぎて、かえって危ない、ということで、用心して身を清めるべき日、とされていたんですね。

いつしか、その意味は、「陽」の数字の重なるめでたい日、お祝いの日、という風に転じてしまいましたが。

その中でも、9月9日は、最も「陽」が強い数字「9」が重なる、特に負担の大きい日であることから、『重陽の節句』とされ、邪気祓いに、お酒に菊の花を浮かべて飲む、という習わしがあるのですね。だから、「菊の節句」とも言われます。(※本来の旧暦だと、今の10月中旬にあたるので、ちょうど菊の見頃となる季節なんですね)

 

というわけで、二十歳以上の方限定とはなりますが、もしよかったら、明日は「菊酒で邪気祓い」、なんてのも、またいいんじゃないでしょうか。

お酒が飲めない方は、食用菊をゆでてサラダにしたり、刺身にちょっと散らしていただく、という感じでもいいかと思います。菊には、体の解毒作用を強める効果もあるそうですし。

食べるのはどうも、という方は、ただ菊の花を自宅に飾ってめでるだけでもいいと思いますよ。

先日のブログで、「日本はどんどん悪くなっている、空間に悪いものがどんどん増えている、だからこそ日々の浄化が大事」と書かせていただきましたが、こういう日にちょっと縁起を担いで、楽しみながら「邪気祓い」にとりくんでみるのも、また気分もあがってきて、面白いかと思います。

この他にも、栗ごはんや、秋ナス料理とかも、いいみたいですよ。

よかったら、やってみてくださいね。

きょうも明るいほうへ  マモル