こんにちは、マモルです。

きょうは、過去の不幸な出来事、人間関係でのトラブル等により、それがすごく自分の心の中での傷や引っかかりになっていて、一人で悶々と抱え込んで苦しんでいるような方に向けて。

そして、昨日のブログにも連動しますが、特に、今回の無料遠隔を受けて、それが浮上してクローズアップされてきて辛い、苦しいという方に向けて。

実は、劇的に、その辛さ・苦しさを、解放させることができる方法があります。

「自分を甘やかす」以上に、ちょっと勇気がいりますが。

まずは、「3/5・3/13無料遠隔」をお受けくださった、HT様からいただいたメールのご紹介です。

 

【HT様から、3/16にいただいたメール ※一部略】

『無料遠隔をありがとうございました!

子どもたちは、ふたりとも、理由が異なりますが、うつ症状が続いています。

でも、まず娘が、3/4に、いいお医者さんに会えて、改善策が見つかり、ぴょこーん!と元気になったのです。(策が見つかっただけで、実行はこれからなんですが)

その対策を、帰省している兄にも伝え、家族みんなで、栄養を考えて、食事をするようになりました。

3/13は、セッションの時間に、家族4人で、映画館で映画を見ていました。

家族そろって、エネルギーを同時に受けながら、映画にとても感動しました。

その前後の時間も、普段には無いような、幸せな家族タイムでした。

私は、山のように感じる年度末仕事にも、例年のようにイライラピリピリする日がとても少なく、意外と、のんきな気持ちでいます。

それでも、ノルマは達成できるので、今まで無駄に神経を高ぶらせていたのかもしれないな、と思いました。

締切を伸ばしてもらうよう頼むのも、平気でできるようになり、逆に、不思議と相手都合で、締め切りが延びたりしています。

これからは、やりたくないことは、正直に断るようにしてみようかな…と思っています。

そう思うと、まだドキドキしますが。

たくさんのエネルギーを、ありがとうございます。

なんだかうちの猫まで、元気な大きな声で鳴くようになりました』

 

・・・私の方では、このメールをいただいて、単純に「それはよかった」と喜んで受け止めていたのですが。

その翌日、またメールをいただきました。

 

【HT様から、3/17にいただいたメール ※一部略】

『実は、10年以上抱えている、過去の辛いことを思い出して、かなりダークな気分になってしまい、一晩引っ張ってしまいました。

親族関係のことが原因ですが・・・。

もう、思い出すことも、少なくなっていたのですが。

今朝(3/17)のブログを読んで、そういう方もいらっしゃるんだな、と思って、追記でメールしました。

自力で心の奥を、カリカリ引っ掻いても、取れるものではなさそうで。

気持ちを抑えて、ごまかし続けるのもいやだなあ、と思っています。

きっと、そこに手がかかったのですね。

今回は気持ちに溺れきらず、少し冷静な自分がいます』

 

・・・このメールをいただいて、「ふむふむ」と思っていたら、その約1時間後に、またまたメールが。

 

【HT様から、約1時間後に、いただいたメール ※一部略】

『立て続けにすみません。

たったいま、先ほどの問題について、息子と話すことができ、私の中で、長年の苦しさが消えました!!

さらーっと伝えて、さらーっと、受け取ってもらえました!

嬉しいです。こんな日が来るとは!

ありがとうございました』

 

・・・この一時間の間、私はメールを読んだだけで、特に何もしてないんですが(笑)、HT様ご自身で、しっかり解決することができたようで、よかったです。

で。

このメールのご紹介を通じて、何を皆様にお伝えしたいかと言うと。

それは、「自分の心の奥に引っかかっているもの、心の傷を、言葉にして話す、伝える」ということです。

HT様は、それを、息子さんに話すことができた。

すると、息子さんは、さらっと、受け止めてくれた。

それによって、長年の苦しみが消えた。

文章にすると簡単ですが、ずっと自分一人で抱え込んでいた心の傷・心の闇を、口に出して人に伝える、話すというのは、なかなかしんどいことだと思います。

でも、それができたから、苦しさから、解放されたわけです。

ダジャレになりますけど・・・「話す」と、「離す」「放す」ことができるんです。

そして、「言える」と、「癒える」んですよ。

この力は、やっぱり、手紙とかメールとかの「文字」よりは、圧倒的に、「言葉」にして、実際に直接「話す」方が強いです。電話でもいいので。

ですので、もし自分一人で抱え込んで悶々としている過去の傷・心の闇があったら、ぜひ、それを言葉にして、さらけ出して、誰かにお話してみることを、おススメします。

もちろん、「話す」ということだけであれば、赤の他人でも、カウンセラーさんでも、飲み屋のママやマスターでもいいんですが、、、できれば、HTさんが息子さんに話したように、家族とか親友とか、近しい人の方が、より効果は大きくなります。

聞いた側が、どう受け止めてくれるか、どう反応するのかは何とも言えませんが、それは、何度もお伝えしている「自分の正直な気持ちをさらけ出す」ということを、大事な人にむけて行う、ということでもありますので。

そして、もっと言えば、その過去の出来事の「相手」「当事者」に、その思いを伝えるのが、一番いいです。

自分が嫌な思いをしたのであれば、その相手に、「あのときは、嫌だったんです。辛かったんです」と伝える。

自分が嫌な思いをさせたことを後悔しているのであれば、その相手に、「あのときは、ごめんなさい」と伝える。

これも、相手がどういう反応をするのかは、何とも予測はできませんが。

相手の反応はどうあれ、「自分の本心を正直に伝える」ことで、「自分の胸のつかえ」は、ほぼ100%、解消されるはずです。

もちろん、すごく「怖いこと」であり、「勇気」が必要なことだと思います。

でも、やってみると、たぶん、劇的に、「自分の中の何か」が、変わるはずです。

今回の私の「無料遠隔」を受けて、過去の心の傷や心の闇がどんどん浮上してきて苦しくなってきた、という方は、それこそ、その「心の傷」「心の闇」を解放するために、その現象が起きているわけで。

遠隔によるエネルギーが、どんどん解放を促して、後押ししているわけで。

ですから、たぶん、勇気を出してやってみたら、意外と、「いい結果」が、得られるのではないでしょうか。

おりしも、きょうは「春分の日」、西洋占星術界隈では、「宇宙元旦」ですね。

宇宙エネルギーの「元日」を、「大きな解放の日」としてスタートさせるのも、なかなかいいかもしれません。

というわけで、ぜひ、勇気を出してみてくださいね。

繰り返しになりますが、「話す」は「離す」「放す」、そして、「言える」と「癒える」んですからね!

きょうも明るいほうへ  マモル