こんにちは、マモルです。

なかなかブログに手が回っておらず、申し訳ございません。先日の地震のことを気にかけてご連絡くださった方もいらっしゃいましたが、大丈夫ですよ。ありがとうございます。

さて、前回のブログでは、「動き出したけれども、不安が募ってきて・・・」という方向けへのエールを送らせていただきましたが、中でも一番大きな不安は、「お金」という方が、多いようですね。

確かに、「お金」がないことで、我慢しなければならないこと、今までやれてきたことがやれなくなる、という事態に直面することも、あるかもしれません。

でも、そんなときこそ、「本当に自分がしたいことは何なのか、好きなことは何なのか、必要としていることは何なのか」を、あらためてしっかり把握する、まだわかっていない人は、それを見つけるチャンスです。

人は、手元のお金に余裕があると、つい必要のないものに使ってしまいがちです。無駄使いをしてしまいがちです。

コンビニで新作のお菓子を買ってしまったり、ちょっとの時間つぶしに、大して読みたくもない雑誌を買ってしまったり。食料品や生活用品であっても、まだ使い切っていないものが家の中にたくさんあるのに、「減るもんじゃないから」「ストックはあったらあったでいいし」と、同じものを買い込んでしまったり(えてしてそれは、未開封のまま、賞味期限切れ、耐用期限切れになってしまったりするのですが)。

および、「まあいいか」と、気が乗らない会合等に参加して、大して好きでもないランチコースをいただいたりとか、これもお付き合いだと思って、知り合いから勧められるままに、何かの商品を購入したりとか。

そうして、気がついたら、まだあると思っていたお金が、思った以上に、なくなっている。

でも、本当にお金がなければ、こういうことは、現実的にもやれませんし、もう素直に「お金に余裕がないんで」と言って、断ることもできますよね?

そして、どうしても必要なもの、本当に大切なものだけにしか、お金を遣えなくなります。

「お金がない」ということは、ある意味、強制的な「断捨離」にもつながるのです。

そして不要なもの、余計なものは手放し、解約し、自分にとってどうしても必要なもの、大好きなものだけを残していく。そうすることで、むしろ頭はスッキリし、気分は軽く、自由になっていきます。

よく「お金持ちの家はモノが少なくスッキリ片付いていて、貧乏な人の家はモノが多く雑然としている」と言われますが、本当に「お金がない」状態になれば、それはそれで、「物が少なくスッキリ片付いている」状況をつくる、大きなチャンスになるのですね。

だから、ぜひ、その「お金がない」状態を利用して、あらためて、「自分にとって本当に必要なものはなんなのか、本当に大好きで、手元のわずかなお金をつぎ込んででも、やりたいことは何なのか」を、ぜひ見つめ直していただき、その上で、「本当に大好きでやりたいこと」に、手元のお金をしっかり遣うようにしていただけるといいかと思います。

よく言われることですが、エネルギーの世界は、「出すのが先、受け取るのが後」。

自分にとって不要なもの、余計なものはバッサリ捨てて、「本当に大好きでやりたいこと」にしっかり集中してエネルギー(お金)を注ぐ、それが、後から、大きなエネルギーとなって返ってくるはずですし、お金の流れをよりよくすることにも、つながっていきます。

とにかく、必要なこと、大好きでやりたいことにだけに、明るく軽く、意識を向けていきましょう。

それこそが、これからの大変な時代を乗り切っていくための、自分自身の道しるべになっていくはずですよ。

きょうも明るいほうへ  マモル