こんにちは、マモルです。

まずは、『F49+、光の大祓と浄化、そして祝福のセッション(合計2回)』本日いっぱい、お申し込みを受け付けております。こちらのブログをご確認いただき、よかったらどうぞ。

そして、お申し込みいただいている皆様へのご連絡・ご返信、順次とりくんでおりますが、やはりちょっと遅れ気味です。申し訳ありませんが、順次対応しておりますので、ちょっとお時間くださいませ。

さて、皆様、楽しいクリスマスを、おすごしでしたでしょうか?

私の方は、「年内最後の修行」を、昨日でなんとか終えました。これで、年内の大きな「インプット」の機会は終了し、あとは、上記の年末年始の遠隔で、いまの自分にできる最大限の「アウトプット」をさせていただくことになります。しっかり取り組ませていただきますね。

そして、またまたもう一つ、「これからに向けて」のキーワードを、追加させていただきます。

それは、、、

『明るく軽く』

です。

『明るく』は、文字通り、どんなネガティブなことが起ころうとも、そこにフォーカスし続けないこと。ひきずり続けないこと。

その日一日はどうしようもないとしても、一晩泣いたら、翌朝は、にっこり笑って、その時点でできる、最善のことをしていくこと。

とにかく、口角あげて、ニッコリ笑ってみれば、動き出せる、なんとかなるものですから。

そして、『軽く』は、昨日のブログの『断捨離』と同じことですが、とにかく、「重荷を減らす」

いつでも自由に、どこにでも行けるようにしておく。

これまでは「土の時代」でしたから、大地に根を張って落ち着きたい、自分と同質なものと一緒に固まっていたい、動きたくない、という感覚の方が、優位でした。

でも、すでに「風の時代」に入りましたから、何の制限もなく、ふわっと吹く風に乗って、どこにでも素早く飛んでいける、フットワーク軽く動き回れる状態になっておくことこそが、とっても大事です。

そのためにも、抱えている荷物は徹底的に減らして、本当に大切なものだけ、手元に残しておくようにする。自分を縛っている縄があるのなら、その縄をほどいて、抜け出す。

よく言われることですが、「スーツケースひとつ、トランクひとつで、世界中を飛び回って、どこでも生きている」みたいなスタイルが、一番、時代にあったスタイル、となっていきます。

もちろん、今の現実だけ眺めると、「コロナの影響もある中、自由にどこにでも行けるなんて、とても考えられない」という声が大多数を占めると思います。

でも、もちろん、この状況が、永遠に続くわけではありません。

こういう「物理的に動けない時間」こそが、「いつでも動ける準備」を整えておくためのタイミングであり、全員に等しく与えられている猶予時間、という風にも、とらえることもできるのではないでしょうか。

さらに、これは現実的な肉体の移動を伴う話だけではなくて、ずっと自宅にいながらも、インターネットを通じて、世界各地の人と連携しながら、グローバルな活動を展開していくことは、十分可能です。

だからこそ、できるだけ、「軽く」なっておくことが大事。

しがらみを極力減らし、無くし、「自由」であることが大事。

そういう状況を創り上げていくための心構えが、「明るく軽く」なのだと、ご理解いただければ、幸いです。

そして、『F49+、光の大祓と浄化、そして祝福のセッション』では、全体として、皆様がそうなっていくためのエネルギーサポートを、しっかりとやらせていただきますね。

それでは、2020年最後の土日、年末の慌ただしい中ではありますが、どうぞ「明るく軽く」お過ごしください!

きょうも明るいほうへ  マモル