こんにちは、マモルです。

きょうは、ちょっとトンデモ話

「信じられない」「は?何バカなこと言ってるの?」とお感じになる方は、どうぞ笑い飛ばしてくださいね。

昨日のブログにもちょっと関連する話ですが、どうやら、日の光のパワーが、このところ、かなり落ちてきているようです。

これに伴い、夕方4時以降は、できれば、直接、太陽、いわゆる「夕日」を眺めたりは、しない方が、よいみたいです。

これは、正確には、日の光のパワーが落ちているというよりも、「光」が私たちの身体に届くまでの「空間」にいる、『見えない世界のよくない存在』が、あまりに増えすぎてしまって、それがどうやらひとつの閾値を超えて、「夕日の光」にのっかって、私達の身体の中に、入ってくるようになってしまったため、だそうです。

不思議なもので、それは、「光」にのっかっているということで、鼻とか口からとかではなく、「目」だけから、入ってくるんだそう。

そして、それが身体の中に蓄積されてくると、まずは鼻とか喉の調子が悪くなっていき、そして体調全体に影響していく、ということのようです。

まあ、これから風邪の季節なんで、鼻とか喉の調子が悪いと思っても、それが「日の光」のせいなのかどうかは、なかなかわからないとは思いますが・・・。

でも、そういう現象が始まっているらしいよ、ということは、ひとつ、ちょっとしたトンデモ話ということでもいので、知っておいていただけるといいかなと。

というわけで、このことを知って、「ちょっと気になるから注意してみようかな」と思う方は、できるだけ、夕方以降の「日の光」は、直接見ないように、意識してみてくださいね。

とはいえ、反射して目に入ってくること自体は、どうしても避けられないのですが、サングラスをかけることは、目に光が入る経路に、ワンクッションおくことになるので、効果的だそうですよ。

夕方にサングラス、というのもどうなんだろう、という気はしますが、オシャレなサングラスを用意すると、周囲からは「ファッションアイテム」として受け取ってもらえるかもしれませんし、悪くないかもしれません。

私もこないだ眼鏡を新調したばかりなんですが、また別途、度付きのサングラスを購入しないといけないかな~、と、ちょっと頭とお財布が痛いところ。

まあ、「気にならない」という方は、どうぞ笑い飛ばしてくださいませ。

きょうも明るいほうへ  マモル  (※いやはや、明るい方へ行くのも大変だ・・・・)