こんにちは、マモルです。

昨日のブログの続きで、またまた「方位」の話。

来月、12月(厳密には、12/8~翌年1/4)は、「同会月」となるため、通常よりも「吉方位」の力が、2倍になる、とお伝えしました。

それはその通りなのですが、その裏返しとして、大事なことがあります。

それは・・・『凶方位の力も、倍になる』ということ。

ですので、ある意味では、「吉方位」をとることよりも、「凶方位を犯さないこと」の方が、むしろ重要かも?しれませんね。

そして、今年、2020年の、万人にとっての最も大きな凶方位は、「東」と「西」です。

「東」は、「五黄殺」と言って、不幸、失敗、病気、貧乏、失墜など、ジリジリ不幸になっていく方位。

「西」は、「暗剣殺」と言って、突然他から降りかかる形で、災難に見舞われる方位。

この力も、他の月より、倍になります。

今は、コロナの関係もありますし、「感染症」を「降りかかる災難」とみなすとした場合、「暗剣殺」の「西」は、特に要注意かもしれませんね。

このほか、それぞれの九星ごとによっての凶方位もありますが、とにかくこの2つ、「東」と「西」への、3泊以上の旅行は、できるだけ控えていただいた方が、よろしいかと思います。

年末年始、帰省のご予定もおありかと思いますが、ちょっとこのことにも、ご留意いただければ幸いです。

「凶方位」はできるだけ避け、「吉方位」は積極的に活用して、どんどん「いい流れ」をつかんでいってくださいね!

きょうも明るいほうへ  マモル