こんにちは、マモルです。

昨日のブログの内容について、ちょっと補足です。

「ご相談をいただく中で、様々な開運法の活用をお伝えすることもある」と書かせていただきましたが、正直なところ、最近は、あまり「開運法」的なことは、お伝えしていないことが多いです。実際、皆さんお気づきと思いますが、ブログでそういうテーマ(主に方位)をとりあげることも、すっかり減ってきております。

なんでかというと、「開運法」の場合、やっぱり、『自分の外側から持ってくる、上乗せのエネルギー』を扱っているケースが、多いからです。

例えば、吉方位旅行を活用すると、自分の力を、多い場合で、2~3割あげてくれます。その結果、試験に合格したり、仕事で成功したり、人気が高まって人間関係でのいいご縁が広がったり、素敵なパートナーが現れたり、ということもあるかもしれません。

ただし、それは、実力ではなくて、外からプラスで上乗せされたもの。ですから、効果が続く期間が終われば、その上乗せ分は、消えてしまいます。もちろん、上乗せされている間に、自分の実力も同時に高めることができていれば、問題はありません。でも、その上乗せ分をいいことに、いろいろさぼっていると、上乗せ分がなくなった瞬間、一気に落ちていくことになります。

まあ、そういうことにならないように、毎年吉方位旅行をやり続けて上乗せ分をどんどん増やしていく、という手もあるわけで、実際そうしている方も多いわけですが、それにかまけて自分磨きをずっと怠っていると、実力の方はどんどん下がっていって、上乗せ分があったとしても、以前の実力分を下回っていく、ということにもなりかねません。

実は、神社仏閣を参拝していただけるエネルギーにも、そういうところがあります。

よく「ツイてる」と言いますが、これは、神仏などの力が「憑いてる」と、理解すればいいです。そもそも、何かいいことがあって、「ラッキー、ツイてる」と思うということは、「それが自分自身の本来の力によるものではない」ということを認めているのと一緒ですよね。まあ、運も実力のうち、という考え方もありますが、やっぱり、一時的なものになります。

もちろん、御縁をいただいている神社仏閣、神様仏様があって、毎日のようにちゃんと感謝し拝んでいる、ということであれば、ずっとその「ツキ」は続くかもしれません。でも、逆に言えば、それをやめたら、「ツキ」が止まる、落ちる、ということにもつながりかねません。

もちろん、「開運法」を一概に否定しているわけではありません。いろいろ行き詰っていて、どうしても他に打開策がないとか、あと一歩・あと一押しでなんとかなるというタイミングで、こうした「外側の上乗せエネルギー」を活用することは、けっこう有効だったりします。

でも、それは、やっぱり、「本来の自分自身の力」ではないし、やり続けないと、維持していくことができないものでもあります。

だから、一番大事なのは、「本来の自分自身の実力・エネルギー」を高めていくこと。よりよい状態にしていくこと、そういう状態に書き換えていくこと、なのではないかと。

具体的にどういうことかというと、自分自身でエネルギーワークにとりくんだり、また、各種解除セッション等を活用して、自分にかかっている呪術を解除・解放していくとか、様々なブロックを外してもらうとか。先祖供養で自分を邪魔する先祖を減らし、応援してくれる先祖を増やして、先祖から流れ込むエネルギーをよくしていくことも、その一環だと考えてもらえばいいでしょう。

これがメインであり、いわゆる「開運法」は、あくまで「サブ」として、ここぞというときのプラスオン、として活用していただくような形が、いいのではないかと思います。

というわけで、何を言いたかったかというと、最近、私があまりブログで「方位」等の話をテーマにしなくなったのは、実はこういう理由からなんですよ、というお話でした。一度、書いておきたかったので。

とはいえ、「これはやったほうが絶対いいよ!」という情報や、「万人にとっての凶方位」みたいに、知らないと運気を落としかねないような情報がありましたら、引き続き随時発信していくつもりです。

そういう情報をまったく扱わないというわけではありませんので。よかったら、ご理解の上で、引き続きお読みいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致しますね。

きょうも明るいほうへ  マモル