こんにちは、マモルです。

昨日のブログの、ちょっと続きです。

私はこういう仕事をしているので、いろいろご相談を受けます。私の場合、だいたい「苦しい、辛い状態から抜け出したい」「人生を変えたい、自分を変えたい」という方向性のご相談を受けることの方が多いのですが、中には、「どうしてもこれを手に入れたい」「どうしてもあれがほしい」「絶対にこうなりたい」という、「強い願望実現」系のご相談もあります。

もちろん、「エネルギーが変われば現実は変わる」わけなので、基本的には、その方へのエネルギーサポートを通じて、「願望実現」につながるように、お力添えさせていただくようにしています。様々な開運法の活用を、お伝えすることもあります。

でも、呪術がかかっていると、本来の自分ではないアイデンティティに動かされているわけなので、今思えば、そもそも、その「願望」自体が、“本当には望んでいないこと”だったりするケースも、あるのではないかと思います。

その場合は、さすがに、いくらエネルギーサポートをしても、様々な開運法に取り組んでみても、なかなか実現には至らないでしょう。そもそも、本来の自分であれば、「違う」「要らない」と思うはずのものなわけですからね。

また、仮にそれを手にいれられたとしても、だんだんと、「あれ、なんか違うな、なんで私、これが欲しかったんだろう、こんなはずじゃなかったのに」という思いが募ってきます。

そして、「これじゃなかった、もっと別の何かだ」ということで、また次の「ほしい」ものを見つけ、手に入れようとします。でも、もともと「本当にほしいもの」ではないのだから、それが手に入ったとしても、また「違った」となります。

その「願望」が一時的に叶ったとしても、それによる「満足」「安心」「喜び」は得られない。ですから、結果として、同じことを、延々と繰り返していくことになります。

そりゃそうですよね。もともとの「願望」自体が、間違っているわけだから。

えてして、呪術が解除・解放されていくと、本来の自分に戻るので、本当に自分のほしいものが何なのかが、わかるようになります。そして、今まで欲しがっていたもの、追い求めていた願望が、急激に色あせて見えてきたりします。

一方で、今までなら、要らない、どうでもいいと思っていたものが、急に輝いて見えてきたります。その場合、意外とあっさり、それを手にすることができるかもしれません。というのも、それは、本来のその人にとって、当然必要なものだから、特に意識しなくても、それを手にするために必要な行動をとることができ、また向こうからも、引き寄せられてくるから、ということなんだろうと思います。

けいこヴァールハイトさんが、年頭から「今年は願望が叶いやすい年」と訴えてきておられますが、おそらくそれは、そもそもの「願望」が、呪術による間違ったものではなく、ちゃんと本来の自分自身が求めるものであれば、という前提の上での話になるんでしょうね。

だから、やっぱり、呪術の解除・解放が大事。いや、むしろ、まずそれが先。

そうすることで、エネルギーワークで受け取れる変化変容も、さらに大きくなっていくわけですから、より「開運体質」、より「願望実現体質」に、なっていけるはずですよ。

きょうも明るいほうへ  マモル