こんにちは、マモルです。

さて、「三密」から「三毒」ときまして、もうちょっとだけ悪ノリしたネタを。

皆さんご存知の「西遊記」

実は、三蔵法師を守って旅をする、孫悟空、猪八戒、沙悟浄の3人(3匹?)のお供の妖怪には、この「三毒(貪・瞋・痴)」が、あてはめられています。

猪八戒⇒貪(とん)、むさぼる心、欲望を止められない

孫悟空⇒瞋(じん)、怒りの心、抑えられない怒りや憎しみ

沙悟浄⇒痴(ち)、おろか、知識があっても智慧はない

食欲を抑えられない猪八戒、すぐに怒って暴れまくる孫悟空、一見頭がよさそうに見えても、ずるい悪だくみばかりしてはドジして失敗する沙悟浄・・・なんとなく、わかりますよね。

ただ、実は、その名前には、この「三毒」を抑えるためのポイント、解決策が盛り込まれています。

猪八戒⇒「八戒」、8つの戒め、戒律を守ることで欲望を抑える

孫悟空⇒「悟空」、“空”を悟る、すべては実態がないこと、空であることを悟ることで、怒りを鎮める

沙悟浄⇒「沙悟浄」、“浄”を悟る、浄化された清らかな心を持つことで、知識が智慧となる

ちょっと言葉は難しいですが、人間として守るべきルールを守ってきちんと生活し、何が起ころうとも穏やかでいて、常に心身の浄化にとりくんでいれば、「三毒」は消える、十分コントロールできる、ということ。

このブログに集まるような皆様なら、きっともう、無意識に、ごく自然に、日常の中でとりくんでおられることですよね(笑)

そして、いま、いろいろ不安なこと、不自由なこと、たくさんあると思います。でも、この状況を無事乗り越えた暁には、きっと大きな変化を迎えた新しい世界が、広がっているはず。

「けえー、いってぇどんな世界が待ってるんだぁ!オラ、ワクワクすっぞぉ!」

そんな感じで、引き続き、毎日を楽しみながら乗り切ってまいりましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル