こんにちは、マモルです。

本日、節分ですね。

四柱推命とか風水とか、東洋占術の暦の世界では、一年の切り替わりのタイミング。

きょうで「亥年(正確には己亥年)」が終わり、あすの立春から「子年(正確には庚子年)」が始まります。明日からいよいよ、本当の意味での2020年がスタートするとお考えいただければと。(もっと厳密に言うと、あす18:12からなんですけどね・・・マニアックすぎるか)

というわけで、亥年の終わりに、何か開運アドバイス的な内容を・・・と思いましたが、あんまり思いつかなかったので、ここからは完全にどうでもいい個人日記です。ご興味ない方は、無視してください(笑)

さて、私が20年来のMISIAのファンだということは、このブログでも何度か触れていますが・・・この週末は、横浜アリーナでのLIVEに参加してきました。いや、よかったです。

思い返せば、昨年4月末のタイミングでも、MISIAの武道館LIVEに参加しておりまして。MISIAとともに、平成に別れを告げ、令和を迎えました。

そして、2019年の大晦日は、NHK紅白歌合戦で、MISIAが記念すべき初の紅組トリ

司会の綾瀬はるかさんによる、「2020年にむけて、年齢も性別も国境さえも、愛の力と音楽で越えていきたい」という曲紹介にも震えましたが、NHKでまさかのレインボーフラッグ登場には、驚きを超えて、感動しきりでした。2020年は、「多様性、そしてさらに統合の時代に入っていくんだなあ」と、あらためて思いました。

そして、このタイミングでの週末のLIVE。ビッグバンドオーケストラ編成でのLIVEということで、また素晴らしい歌声を堪能させていただきましたよ。(※画像は公式HPからお借りしました)

数々のナンバーの中でも、心に一番響いたのは、定番の「EVERYTHING」でも、名曲「アイノカタチ」でもなく、2015年リリースの「あなたにスマイル:)」

サビの歌詞は、ざっくりこんな感じ。

『あなたにSmile 心にSmile  

 届けようSmile  Smile  Smile

 世界は今 希望を歌う 

 あなたにSmile  Smile  Smile』

LIVEバージョンでは、歌詞の「あなたに」の部分を替え、「家族」になったり、「友達」になったり、「大事な人」になったり、「地名」になったり、いろんな言葉が入ってどんどん続いていくんですが、これがまた感動的で・・・アップテンポでノリノリなんだけど、涙が止まらない。

よかったら、2017年のLIVEバージョンが、YouTubeにあがっていますので、ごらんください。きっとグッとくると思います。

なお、今回のLIVEは、NHKBSの4K収録が入っていましたので、そのうちテレビのLIVE特番としても観られるのではないか?と。私はBSに加入していないのでダメなんですが、観られる方は、ぜひどうぞ。

そして、この歌で「己亥年」の最後を締めくくり、あすから「庚子年」を迎えるということで・・・私からの開運アドバイスは、やはり、「笑顔」。

まず笑顔でいること。

やっぱりそこからしか、「幸せ」は、始まっていきませんから。

自分にSmile、あなたにSmile、みんなにSmile

笑顔の花を開いて、きたる「庚子年」を、素晴らしく明るい年にしていきましょう!

きょうも明るいほうへ  マモル