こんにちは、マモルです。

きょうから10月ですね。残り3か月、今年の総仕上げに向かうとともに、来年に向けた運気を創る時期に、すでに入っております。来年をいい年にしていくためにも、ここからが大事です。すでに、事実上、「お宝期間」が始まってますからね。

「お宝期間」というのは、私の手相・方位の師匠・西谷泰人先生が提唱している、毎年、10月10日から12月31日までの、一年のラストの約80日間のこと。この期間に、来年達成したいことを決め、その準備をしっかり始めると、願い事は、来年たやすく達成できる、という「運気創作」の期間なんだそうです。

ただ、正式には10月10日からとは言っても、実質的に、もう10月に入ったら、その流れはスタートしているようです(詳しくは、こちら)。よく言われる、「エネルギーは先に行く」と、同じ原理だと思ってもらえばよろしいかと。特に今年は、「令和元年」。そして地球の周波数もどんどん上昇を続ける中、いろんな変化・いろんな流れが、もう早い早い。どうぞ乗り遅れないように、意識を切り替えてくださいね。

というわけで、まだ来年の目標をたてていない方は、できるだけ早く来年の目標を立てて、少しでも始めていきましょう。それが運気を呼び込む誘い水となり、来年の良い運命を創ります。この「お宝期間」に種を蒔いておくことで、来年花が咲き、大きな実りがある、という訳です。

いくつか例を挙げますと、

●来年結婚したいけれど、いま交際相手がいない、という方は、特に恋愛感情はなくてもいいし、誰でもいいので、今年のうちに異性とお茶を飲んだりお話したりしておく。それが呼び水となって、交際相手が現れやすくなる。(うまくいけば、クリスマスやお正月デートに間に合うかも)

●来年新しく成功させたいことがあるなら、今のうちに準備・用意し、すでにとりかかっておく。自分はこれをやるんだ!と、PRもしておく。

●来年合格したい試験や勝ちたい大会があるなら、そのための勉強や練習に今からしっかり取り組む、リハーサルも繰り返しておく(まあ、早く真剣に取り組めばとりくむほど、可能性が高くなるのは当たり前ですね)

 

もちろん、「ライフパス・アカデミー」のWSに参加するなど、さらにエネルギーワークに、積極的にとりくんでいくのもありでしょう。

来年を幸せなよい一年にしたければ、とにかく、この期間に”幸せの種”をどんどん蒔いていきましょう。自分からどんどん動き、自己アピールもどんどんしていきましょう。

流れが非常に早い中だからこそ、しっかり「自分はこうなりたい」という意志をもって、その実現にむけて進んでいくことが大事。この「お宝期間」の過ごし方は、けっこうなキーポイントになると思いますよ!

皆様のさらなる前進を、応援しております!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も、随時受付中ですよ!