こんにちは、マモルです。

昨日、いつもお世話になっている新潟の神社の「夏越の大祓式」に参加してきました。新しいミニ茅の輪もいただいてきました。これで我が家は、また一年間安心です(笑)。

さて、きょうから7月ですね。いよいよ2019年も後半戦に入ります。

この前半は、あまりよくなかった、波に乗れなかった、という方は、ここから巻き返していきましょう。

一方、この前半はけっこう好調だったという方は、おそらく、自分自身の変化変容を素直に受け入れ、どんどん変わってきた方だと思います。これから、2019年の持つ「変化」のエネルギーが、より強くなり、さらにさらに、変わっていくはずです。どうぞ恐れずに、流れに乗って、前進していってくださいね。

そして、「令和」の時代がスタートして、3か月目に突入します。これまで慣らし運転みたいな感じだった「令和」のエネルギー(それでもけっこう強かったです)が、いよいよ本格化していきます。

では、私が感じている「令和」のエネルギーとは何なのかというと、一言で言えば・・・『もう嘘はつけない、我慢はできない、本当の自分でしかいられない』です。

「令和」という元号の意味は、“美しい和”だとされています。

確かに、日本は、“和”の国です。“和をもって貴しとなす”の国です。

でも、皆が自分の思いを抑え込み、やせ我慢を重ねて、そのうえで実現している“和”であれば、それは、“美しい和”なのでしょうか?

このあたり、あべけいこさんが解除セッションにもとりくまれた“日本人横並びブロック”にも通じるものがありますが、嘘や我慢を塗り重ねての“和”は、そろそろ破綻していくと思います。

そして、一人一人が本当の自分を素直に表現し、自分を愛し、そのうえで、満ちあふれてきた愛を他者にも注ぎ込むことで、皆が愛にあふれて幸せになる、それが、本当の意味での、“美しい和”につながっていくのだと思います。

そして、そういう視点からとらえると、極端に言えば、今年前半うまくいっていない人は、「嘘や我慢を続けている人」で、うまくいっていたという人は、「嘘や我慢をやめて、自由に本当の自分自身を生きようとしている人」なんだろうと思います。

そして、このところ、いろいろな事件や、悲劇的なネガティブな出来事が多いような感じがするのは、嘘と我慢による“和”の国が破綻し、一人一人が輝きあい、お互いを尊重し愛しあうことで創られていく“和”の国に、これから変化変容していくための途中経過、もっと言えば、“膿み出し”なんだろうと思っています。

ということで、2019年後半戦、私から皆様にお送りするアドバイスとしては、『嘘や我慢はもうやめましょう、本音を出して、本来の自分自身を表現し、自分を愛し、自由に生きていきましょう』です。(※ただし、もちろんこれは、エゴ・欲望丸出しで生きよ、ということではありませんからね。そこは誤解なきように)

そして、そのためのお手伝いを、様々なセッションや、「ライフパス・アカデミー(LPA)」のWSを通じて、これからもさせていただければと思っております。

2019年後半も、引き続きどうぞよろしくお願い致しますね!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!