こんにちは、マモルです。

昨日のブログで、LPAメールマガジンに関するご連絡とお詫びをさせていただきました。該当の方には大変ご迷惑をおかけしております。お手数をおかけしますが、どうぞよろしくご対応のほど、お願い申し上げます。

さて、そのメルマガ最新号でご紹介させていただいた、5/30の「クリアリングWS」の中で、ちょっと気になるやりとりがありました。

参加者の一人のお母様が、先日、交通事故に遭い、命には別条なかったものの、後遺症に苦しんでいる、とのこと。で、自分には全く過失がなかったのに、なんでこんな事故に遭ったのだろうと、悩んでいるんだそう。

それに対する、あべけいこさんの回答はこちら。

『それは、いろいろな要因があるんだけど、ひとつの理由をあげると、お母さんが、実は、“そうなりたかったから”なの。

なんとなくでも、“もうこれ以上生きていたくない、この人生苦しいな、あと何十年生きないといけないんだろうな、貯金も少ししかないのにどうしよう、子供もあてにできないし、厳しいなあ、これ以上は無理じゃないかなあ・・・”なんて意識があると、その意識が、じゃあ一番楽な逃げ場所は、“あの世ですね”という選択をしてしまう。本人は、そこまで本気で思っているつもりはなかったとしても、そういう“エスケープ癖”“逃げ癖”があると、そうした事故や災難、病気等を呼び込んでしまう。

そういう、“エスケープ”を心のどこかで思っている人は、実は今、すごく増えていて、それは、“精神的な自殺”。積極的に自殺するようなつもりはなくても、そこにつながるような事態を、本人が引き寄せているの。

ただ、お母さんの場合は、先祖の護りが強くて、“まだ死なせるわけにはいかないね”ということで頑張ってくれて、後遺症ぐらいで済んだ、というところがありますね』

・・・いかがでしょう?このブログをお読みの方に、そんな方はいないとは思いますが、どこかに、“エスケープ癖”“逃げ癖”を、持ったりしていませんか?

「そんなつもりはさらさらなかった」かもしれませんが、ほんのちょっとのマイナス思考が、大きな災いを呼び込んでしまう、ということは、本当にあります。

まして、今の時代は、いいことも悪いことも、“具現化が大変早い”ですからね。だからこそ、いいことだけを考え、毎日ポジティブに明るく前向きにすごすことが大事ですよ。

そして、自分の中に、少しでもマイナス思考的なものがあるとお感じでしたら、どうぞ、LPAのWSにご参加ください!自分自身を愛で満たせば、そんな思いは、すぐに消し飛んでしまうはずですよ!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!