こんにちは、マモルです。

最近この手の話ばっかりですが、もう一つだけ追加で。またまた昨日のブログの内容の補足です。

昨日のブログで、「一番のポイントは、自分の周囲・目に入るところは、とにかくモノを少なくして、スッキリした状態にしておくこと」と申し上げました。つまり、「整理整頓」ですね。

その本当に意味するところは・・・「不要な思考の発生源を断つ」ということです。

モノが目に入れば、脳はそれを見て、無意識に反応しています。「ここにぬいぐるみがある」「ここに本がある」など。それによって、別に考える必要もない「不要な思考」が発生します。その分、いわゆる“気が散る”という状態になります。何かを集中してやることもできないし、逆に、心の底からリラックスすることもできません。

皆さんも経験があると思いますが、何かをしようとして立ち上がって、数歩歩いているうちに、何をしようとしていたのか忘れてしまう、というケースが、日常的にあると思います。

もともと忘れっぽいとか、年齢のせいとかもありますが、多くの場合は、すぐに「気が散って」しまうせいです。歩き出すと、目に飛び込んでくるモノがあり、「ああ、ここにモノがあるな」と脳が無意識に思考した瞬間、その前に思考していた、もともとの目的を忘れてしまうわけです。

当然ながら、モノがごちゃごちゃしていてあちこちに散乱している家や部屋は、「不要な思考」にあふれていることになります。いつもどうでもいい思考に振り回されていると、それだけで消耗し、エネルギーを使い果たしてしまいます。また、どうでもいい思考のエネルギーであふれかえっていると、そこには、新しいエネルギーが入ってくる余裕・スペースがありません。

よく作家さんとかが締切前に、ホテルの部屋や会議室でカンヅメ状態にされて執筆する、という話がありますよね。もちろん、日常から隔離して集中して仕事にとりくんでもらうためのものですが、その場所が、ホテルの部屋とか会議室、というのも、ポイントの一つです。というのも、そこには、最低限のものしかないですよね?それだけ、余計な思考・不要な思考の発生源が少ないので、集中を促すことができるわけです。

「断捨離」で、もう不要なエネルギー・不要な縁を排除して、「整理整頓」で、不要な思考の発生源を断つ。そうすることで、頭の中も気分も、常にスッキリ!これができて始めて、新しい変化のエネルギーを受け入れる準備が整うことになるんじゃないかな、と思っています。

2019年、「八白土星」「己亥」の年の運気は、実際には、2月4日の「立春」がスタート。

年末年始いろいろ忙しくて、家の整理整頓や不要なものの整理に、あまり手が回らなかったという方は、今からでもまだ間に合います。今月中をメドとして、ボチボチとりくんでいきましょう。そして、運気の切り替わりとなる「立春」の日を、スッキリした気持ちでお迎えくださいね!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「個人セッション」「ビデオ通話セッション」「宇宙遠隔・個人版」も受付中ですよ!