こんにちは、マモルです。

さて、今年も残り2日となりまして、年内にご報告しておかないといけない話を大急ぎで。

実は、今月20日(水)、私としては3回目となる「先祖供養セッション」を、またまた白金台サロンにて、執り行わせていただきました。

今回お申込みいただいた方は6人。同席の方はおらず、事前準備から本番まで、まったく一人でやらせていただきました。過去2回は、同席の方のお手伝いをいただきましたが、さすがに一人でやるとなると、お供物の買い出しや手配、飾りつけ・盛り付け、お線香の扱いなど、いろいろ手が回らないことが多く、これまでより時間がかかりましたね。でも、いい経験になりました。これを最初から一人でやっている、あべけいこさんは、あらためてスゴイ!

さて、話を戻します。今回もまた、身請け神社は、愛宕神社、赤坂氷川神社、白金氷川神社の3社にお願いします。当日の朝、まず、愛宕神社にお参りに向かうと、駅の階段を上っているところから、眉間のあたりに強烈な感覚が。私は映像的には見えないのでわかりませんが、どうやら、早々に「お迎え」が来ているようです。

境内に着くと、他に参拝客がいないわけではないですが、拝殿前は、なぜかぽっかりと空いています。どうやら、集中できるよう、人払いしてくれたようです。

ご挨拶すると、前回もお手伝いしてくださった「勝軍地蔵菩薩様」が、もうスタンバイしていまして、「きょうは、年末の大掃除である」と言うやいなや、ピューっと、先に行ってしまいました。せっかちだなあ。

続く赤坂氷川神社でも、同じように人払いが。どうやら、境内の中のあるところに若干たまっているらしき黒いものを、持っていってほしいらしい。そこに軽く光をおろして、後は背負っていくことにしました。

そして、白金氷川神社へ。こちらは、前回(こちらのブログ参照)より、かなり明るい感じ。

前回、黒いものをたっぷり背負わされたお社を覗くと、きれいに陽がさしてきて、お礼を言われた感じがしました。よかったよかった。

そして、サロンに入って準備を済ませ、お供養会開始。口上を述べ、お経をあげていると、なんだか、顔の左側が、どんどん重くなっていきます。左の瞼が、どんどん目の上に覆いかぶさってきて、視界が悪くなっていく感じ。体感的にも、「こりゃなんだか、けっこう重い感じの御霊・英霊が集まっているな・・・」という感じです。

正直、読経も、なかなかスムーズにいかず、途中、声もあまり出なくなってきて、小声にしながら、なんとか最後まで乗り切りました。お経を読み終える頃には、だいぶ軽くなってきたので、どうやらあげきったようですが、これまでのように、ある瞬間にふっと軽くなるような感じではなく、ずっと力を入れ続けて、ようやく最後まで上げ切った、という感じでした。ふう、疲れた。過去2回と違い、疲労感もハンパない。さすがに年末の大掃除。まあ、やれるだけのことはやったと思います。

あとで聞いたところ、今回初めてお申込みいただいた方のお一人の家系は、ある高名な武将に連なるそうで・・・なるほど、そういうことも含めて、こりゃ重かったわけだ、と、あらためて納得しましたね。

さて、お受けいただいた方のご感想については、また明日!

きょうも明るいほうへ  マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!