こんにちは、マモルです。

次回の「宇宙エネルギー遠隔(仮)」、本日24時まで受け付けておりますよ。詳しくはこちら!あ、これからお申込みの方は、お名前の読みがなと住所の抜けがないように、くれぐれもよろしくお願いしますね!

さて、ここのところ、「遠隔」の話ばっかりでしたが、久々に、「ライフパス・アカデミー(LPA)」ワークショップの話。

一昨日に配信したLPAメールマガジン第18号(ご登録はこちら)でも、すでにご紹介済ですが、今月5日・6日に開催された「エネルギーレベルを引き上げ幸せな現実を創るWS」の中で、こんな話がありました。あべけいこさんによる、高次元存在からのアクティベーションです。(※メルマガでは要約してご紹介しましたが、ここでは、ほぼ、言葉の通りに記載します)

この年末、大きな扉がひらきます。その扉からこぼれてくる、美しい至福の光を受け止め損ねないように」

「クリスマスの頃何が起きるか。もともと毎年クリスマスの頃は、天空から福音がおり、天使たちがラッパを吹き鳴らし、マリアたちは闊歩をし、イエス・キリストはあちらこちらに現れ、サンタクロースは煙突のない家にも現れます。それは全てまやかしではなく、おとぎ話でもなく、ただ至福のエネルギーが、その頃おろされていきます。

すると、町はソワソワとし、人はジングルベルの音を聴くと幸せな気分になる。街はすべて美しいネオンにあふれかえり、人々はプレゼントをもって、足早に家へと急ぎます。あるいはパーティがあちらこちらで開催され、この一年が終わっていくのを名残惜しむような会話が多くなっていくでしょう。そして、人は浮足立つが、それらは、ただエネルギーがおりるから起こる。幸せなエネルギーが下りるころ、そのようなことが行われる。
例えば、啓蟄と言われる頃、春の頃、地中に潜っていた虫たちが地上に出てくるように、あるいは、春分の日・秋分の日といった、そのようなポイントはいくつかあるが、その一つの最たるものが、クリスマスの頃です。
すると、今年は特に特別と言えなくもないのは、このアセンションのさなかに、ひとつの裂け目が天空に現れると、もともとの福音のおりやすいときにあいまって、そこにプラスをして、その裂け目から、たくさんの高次元の意識体、たくさんの高次元の存在、たくさんの高次元の光が、ただおりていきます。
オーロラのように美しい光が、ただそこからあふれ出ると、このような周波数の訓練をし、受け取る準備ができている人々の上には、ただ福音がおります。

しかし、その福音を受け止め損ねる人の特徴としては、ネガティブさをいつまでも内側に抱えていたり、いつまでも執着していたり、いつまでも自分自身であれない人の場合には、むしろ“真逆”となる可能性もあります。
今ここにいる人たち(WS参加者)の場合は、おおむね福音としてその光を浴びるでしょう。ですから今、より、その福音を浴びやすい状態に変えています」

「その光は、その人をおおもとの状態に戻していく光。そして、準備のできた方、あるいは、このようなアクティベーションやエネルギーワークに粛々ととりくんできた方は、下地が非常にできているので、それが大きな受け皿となって、そこに美しい、愛の光ダイヤの光金の光プラチナの光が降り注

「(あなた方をとりまく)あらゆるすべてが変わるかもしれません。そして、すべての変化はあなた方を幸せにしていくものです

・・・というわけで、今年のクリスマスの頃には、例年に増して、大きな福音がある、とのこと。でも、人によっては、“真逆”となる可能性もある、とのこと。

皆さん、福音を受け取る準備、できていますか?「ちょっと不安・・・」という方は、今からでも遅くありません。LPAのワークショップに参加して、自分の周波数を高め、準備を整えていきませんか?高次元とつながっているファシリテーター達が、優しくサポートしてれくますよ。12月は、来週土日の「チャクラクリアリング&ヒーリングWS」を皮切りに、4回の開催予定です。お申し込み、お待ちしています!

きょうも明るいほうへ マモル

「ライフパス・アカデミー(LPA)」WSのスケジュールはこちら!

★私の「対面個人セッション」「ビデオ通話セッション」も、受付中ですよ~!